カーニーズのブラントが「みんなによろしく」って。
比嘉Bros.さんの協力で去年10月に完成した留之助商店3周年記念アニメが、いまごろになってホビー専門ニュースサイトTOYSREVILに紹介され、季節はずれの反響にいい気分なのである。
TOYSREVILの主宰者のAndy Hengとは情報を交換しあう仲だし、だから店主が彼のブログをチェックするくらいの頻度で、彼も当ブログを見ているだろうと思っていた。
が、なぜか3周年記念アニメの記事を見落としていたらしく、先月25日にあわてて紹介してくれた。
と、アンディからメールがきた。
Brandt Peters(アニメに使ったミニフィギュアServ-O-Maticsの作者)がいたく感動して、留之助とコンタクトをとりたがってるよ。
じつは店主、アニメの製作にとりかかるまえからサーブ・オー・マチックの発売元MINDstyleとはヤリトリし、完成した際も、作品を観た社長をはじめ関係者からお褒めの言葉をいただいていたから、当然、ブラント・ピータースの耳にも入っていると思っていた。
が、ぜんぜん連絡してくれていなかったんだね。
TOYSREVILのアンディが当ブログを見ているとばかり思っていたり、MINDstyleがブラントに連絡してくれたものと信じていたり、勝手な決めつけはよくない、深く反省だ。
とにかくアッという間にブラントと夫人のKathie Olivas(キャシー・オリヴァス)に大接近。
ちょうどトイとアートの会社Circus Posterus Incを立ち上げたばかりの彼らと、近いうちに何か面白いことをしようということになったのだ。
さて、そんなブラントから、好評な売れ行きを見せている最新kidrobot作品Carnies Mini Seriesについて、日本のファンにメッセージと、これが世界初公開となるカーニーズのコンセプトアートが届いたのでご紹介させていただきますね。
a0077842_11483712.jpg
私はブラント・ピータース、カーニーズの作者です。
ご存知かもしれませんが、他のオモチャでは、最近のkidrobotからのデッド・バニー、MINDstyleのピースメーカー32.9やサーブ・オー・マチック、スラップ・ハッピーとミスター・マッグルス、SUPER 7のBig Salなどがあります。
日本のおもちゃ屋からこの仕事(メッセージ)を頼まれたのは、じつは今回がはじめてです。
留之助商店と仕事をすることができ、光栄に思います。
そしてこのメッセージは、留之助、キャシー、そして私の友情のはじまりにすぎないということに、胸が躍る思いです。
a0077842_13542343.jpg
カーニーズのプロジェクトは、私の大好きなテーマ「大恐慌時代」(1929年からおよそ10年間)のアメリカ漫画のキャラクターたち、精霊、幽霊、怪物(妖怪と似ています)とカーニバルやサーカスをひとつの作品にする、とても素晴らしい機会でした。
この幽霊や怪物たちは、じつはデッドバニーの子分や仲間たちなのです。
デッドバニーとはウサギの姿をしたキャラクターで、Skelves(スケルブズ=骸骨の小人たち)が住む異次元の世界に登場します。
カーニーズたちは、それぞれ独自の魔法を持ち、彼らを呼び出した子供たちの生活に幻想と混乱をもたらします。
私がこの作品の製作を楽しんだのと同じくらい、みなさんにこのシリーズを楽しんでいただけることを願っています。---ブラント・ピータース
a0077842_13593162.jpg
留之助では早速ブラント&キャシーとのコラボ作品(ハンドペインティングによる少数限定のレジン・フィギュア)の準備に入りました。
世界中から注文が殺到するにちがいない作品ですが、当店でカーニーズをご購入のお客さまにはもちろんプライオリティがございます。

そういうカーニーズのお求めはこちら→http://tomesyoten.exblog.jp/12262024/




My name is Brandt Peters and I am the creator (from the US) behind The Carnies, as well as other toy projects you may be aware of -- Recently from Kidrobot... Dead Bunny... and from MINDstyle Toys... Peacemaker 32.9, The Serv-O-Matics, Slap-Happy! and Mr. Muggles as well as "Big Sal" from SUPER7. This is actually the first time I have been asked to do this for a Japanese toy store -- It is an honor to work with Tomenosuke-syoten and I am excited that this very message is just the beginning of a friendship between Shinji and Kathie and I.

The Carnies project was an amazing opportunity to combine my favorite subjects all in one... Vintage American "Depression Era" cartoon characters and Spirits, Ghosts and Monsters (I guess it would be similar to Yokai) but with a lean towards the carnival or circus... they are actually the minions and cohorts of Dead Bunny -- who is a rabbit suited character based on my larger alternate world of "Skelves" (Skeleton Elves). The Carnies each with their own unique magic brings the fantastic and chaos into the lives of children who summon and call upon them. I hope you enjoy the series as much as I had fun creating it! -- BP 

by tomenosuke_2006 | 2010-03-11 14:31 | イマモチャ
<< タカギ作、炎の中のダークカーニバル。 早くみなさんに会いたいと申して... >>