留ブラPRO、訂正図面出来。
過日、マルシン工業さんから徳さんが書き出した訂正個所についての回答と修正図面が届いた。
27に及ぶ訂正の大部分に対応いただいたが、わずかに一部、強度と鋳流れ確保のために困難な個所もあった。
たとえばLA取材でシリンダーをスウィングアウトさせ内部を細かく観察して判明した個所。
ステアー・レシーバー後部内側の、チャーターアームズ・シリンダーの干渉を避けるために削りとられたと思われるカーブなどは、先端の肉厚が0.5ミリとなるため、形状変更不可となった。
ある程度の妥協はのまざるを得ないだろう。
下は留ブラPROの暫定図面(ブルー)と訂正図面(クロ)をレイヤーで示したもの。
形状の変更をご理解いただけると思う。
また、リンク・ページで徳さんがこだわったレシーバー内側の原型画像等を紹介する。
a0077842_925236.jpg
a0077842_93420.jpg




a0077842_9121568.jpg

▲留ブラOGのレシーバー原型の赤で斜線を引いた個所を、ヒーローブラスター取材を踏まえて訂正したのが下の留ブラPRO用原型。先端部が0.5ミリと薄くなるため、素材の強度等を考慮して変更を断念した。

a0077842_9333938.jpg

▲レシーバーエンドの再加工。左が留ブラOGのホワイトメタル・パーツ。右が新原型で、赤で示した部分が変更箇所。内径が縮まり、U状の突起が長くなった。

a0077842_1014025.jpg

▲上の2点の画像はLA取材で撮影したヒーローブラスターの内装。レシーバーエンドの形状を変更することで、ステアー・レシーバーとチャーターアームズ・フレームの間に覗くレシーバーエンドの先端を再現した。

a0077842_10142614.jpg

▲レシーバー後部内側のザグリも再現。ひとつ上のヒーローブラスターの画像で確認できる。

a0077842_7411254.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-04-03 10:15 | 留之助ブラスター
<< 笑いが止まらない“きつね”さんです。 せっかく貴重なリポートをいただ... >>