ヴェイパー・ザ・ベビー・ドラゴンはフロリダに生まれました。
a0077842_845324.jpg
Vapor_2.0 by Pierre Rouzier

背中にちょこんと生えた翼をとったら、ヴェイパー・ザ・ベビー・ダイナソアってとこでしょうか。
とにかく恐竜好き、ドラゴン好きの店主としては、去る3月25日、オブジェモチャ・ニュースサイトPlastic and Plushで手作りレジン・フィギュアのVaporを見て一目惚れ、作者Pierre Rouzier(ピア・ルージーア)のサイトhttp://pierrerouzier-sculpture.blogspot.com/へ飛んで、上の画像のUSBドッキングステーションが付いたVer.2.0の方じゃない、下の画像のオリジナル版の3つのカラーウェイを1個ずつ注文しようとしたわけです、デスクトップでメンタムリップや老眼鏡でも持たせようかと思い。
で、PayPal決済を求められたのでログインすれば「This recipient does not accept payments from non-U.S. PayPal accounts.」なるダイアログが出て、先に進めない。
つまり海外からは注文できないっていうことが分かった。
そんなふうに素っ気なくされるとですね、ますます欲しくなってしまう。
できたら1ダースぐらいはお店に並べたいと思うようになり、直接ピアにメールしてみると、これがレスポンスもよくて親切で、商談もさることながら、留之助限定モチャの将来についても大いに盛り上ったのでした。
はい、お楽しみがまたひとつ増えました。
a0077842_12423029.jpg
Vapor (Original) by Pierre Rouzier

さて、ピア・ルージーアのバックグラウンドについてはこちらのサイトhttp://www.pinkjazzstudio.com/theartofpierrerouzier/で詳述されているけれど、かいつまんで言うと。
彼はディズニー・ワールドや映画スタジオがある東のハリウッド、フロリダ州オーランドに住むこの道18年のベテラン彫刻家だ。
子どものころはアニメーターになることを夢見ていたが、いまではテーマパークのアトラクション用の大型彫刻から、ユニバーサル、ディズニー、ニコロデオン(NICKELODEON)など映画TVのアニメキャラクターのマケット作家、SFXプロップのデザイナー&ビルダーとして忙しく働いている。
で、ヴェイパーはピアが仕事の合間をぬって彫刻、型取り、レジンで抜いて、ひとつひとつエアブラシと筆で仕上げたプライベート作品なのだ。
『原始家族フリントストーン』のディノや、恐竜アニメの名作『リトルフットの大冒険 謎の恐竜大陸』の主人公たちに通じるアメリカン・カートゥーンな味わい、ようは“深刻”というものとまったく無縁な根っからの明るさに満ちていると思いませんか?
こーゆーの大好きなんです、各色4頭ずつ、合計で12頭が入荷します。
ところで、ピアのサイトで紹介されているオリジナル彫刻のこんなの(下の画像)が留之助限定モチャにならないかと、ただいま話し合いの最中なんですよ。
a0077842_1444142.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-04-09 14:45 | イマモチャ
<< RATEG(レイテグ)情報、モ... 神の子ペルセウスvs.船乗りシ... >>