留ブラPRO、訂正図面に訂正を加える。
明日(4月13日)午後1時からのマルシン工業さんでのミーティングの際、とくに右側面の訂正点については確実に伝えねばならない。
1. ボルトハンドルの前方部分の幅が原型18ミリに対して、訂正図面は16.5ミリと短くなっている。これはボルトハンドルの動きが悪くなるのを避けるための設計者の苦肉の策だと思われるが、あえて動きが悪くなろうとも形状を優先してもらう。
2. Rカバーとグリップとの間の隙間をなくしてもらう。
3. トリガーガード付け根まわりは角度が5度になっているのを10度にし、1ミリ程度後ろへ下げてグリップフレームと合わせてもらう。
4. グリップフレームもそれに合わせて形状を変更してもらう。
5. フロントトリガーを1ミリ程度、下げてもらう。
6. 原型とくらべグリップのサイズが天地方向に3ミリ程度大きくなっているので縮めてもらう。
a0077842_0204218.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-04-12 23:59 | 留之助ブラスター
<< UKの新興メーカー、RAJE ... MINDstyle新製品情報、... >>