ハイ・フルクトース15号、留之助書店で発売中です。
“アートの秘境ガイド”とか、“世界の旬なアーティストたちの傑作に遭遇できるフルカラーXXXページの美術館”とか言って、Under the Counter Culture(反体制文化の内側)とサブタイトルの付いた雑誌、HI-FRUCTOSE Vol.5を紹介したのは3年前の夏。
キャンペーン価格(原価)で提供したり、その後もオブジェモチャをまとめてお買い上げのお客さまに無料でプレゼントしたりで、そりゃぁもう読者を増やすのに必死でしたが、いまではいちばんの売れ筋雑誌となりました。
で、最新Vol.15からはサブタイトルが角が取れた感じのNew Contemporary Art (新現代美術)と変更されて、しかし内容はますます充実、活性を失ったのどかな日々には持って来いの視覚的カンフル剤に変わりはございません。
a0077842_11474042.jpg
カバー特集は最近とくに怪奇色を強めているLA在住のファンタジー画家James Jean(ジェームズ・ジーン)、カラー14ページとは別に8ページのモノクロ・スケッチが中綴じされて見応えありです。
Kristina Collantes(クリスティーナ・カーランツ)の果実のようにみずみずしいグラフィック・アート、Kate MacDowell(ケイト・マクドゥエル)の美しく残忍な彫刻の数々、スペインのグラフィティ・ライターMiss Vanの妖しげな新作など、女流アーティストたちの活躍が目立つ。
また、4月29日からNYのPaul Kasmin Galleryで開催されるベテランMark Ryden(マーク・ライデン)の個展の出品作をいち早く見られるのもうれしいし、DalekことJames Marshall(ジェームス・マーシャル)の近況も紹介されている。
と、バニー・シーズ・ブーブスの作者Colin Christian(コリン・クリスチャン)の巨大FRP作品もたっぷり拝めてしまう。
おっと、下のプレビュー・イメージで15号を買った気にならないように、その10倍の感動を1,260円で手に入れましょう。
a0077842_23899.jpg
↑ James Jean
a0077842_2384482.jpg
↑ Kristina Collantes
a0077842_2402572.jpg
↑ Kate MacDowell
a0077842_2411243.jpg
↑ Miss Van



a0077842_2421834.jpg
↑ Jeremy Geddes
a0077842_243551.jpg
↑ Al Columbia
a0077842_2441466.jpg
↑ James Marshall (Dalek)
a0077842_2452787.jpg
↑ Colin Christian

ダレクの商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Dalek/
コリン・クリスチャンの商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Colin+Christian/
by tomenosuke_2006 | 2010-04-25 02:53 | 書店入荷新着情報
<< こういうダイキャスト・ミニカー... きつねさん、ジャッカロウプの謎に迫る >>