アマンダの最新アートプリント入荷、と。
去る4月、LAの自然史博物館で開催されたAmanda Visell(アマンダ・ヴィゼル)の作品展『Primeval Love=太古の愛』の、男性の圧迫から解放された世界で自然とともに生を謳歌する女性たちを描いた作品の数々が、アマンダのサイトで紹介されているのを見つけ、けっこう魅入ってしまった。
彼女が好んで描いてきた神話や幻想のアニマル・キャラクターたちは脇役に回り、男のいない世界の女っぽい女と、男っぽい女の表現が面白い。
ケンタウルス(半男半馬)を剣でひと刺しにしたり、真っ赤なからだのファイアー・ゴッド(火の神)を矢で射ったり、男はタジタジ、女同士が太古の世界で愛を語らうのだ。
そういう意味では彼女の最新アートプリントの『no fear of angels or rabbits=天使やウサギに恐れるものはなし』は『太古の愛』と同一線上にある作品といっていいだろう。
天使(女)は手にした槍の先に悪魔(男)の首を掲げ、涼しそうな顔で小動物と戯れる。
明らかにこれまでのアートプリントにはない、人が主人公の逸品、たった50枚の限定、直筆のシリアルナンバーとサイン入りで、ほんの少数入荷した。
a0077842_23585572.jpg


no fear of angels or rabbits by Amanda Visell
Signed and numbered / Edition of 50
254mm x 330mm


と、先刻ご紹介したParadise Toy Taiwanプロデュースによる留之助商店限定アマンダ最新ソフビモチャの詳細を少々。
ぜんぶで5種類のカラーウェイが用意され、ひとつは300個限定のレギュラー・カラーで、あとは100個ずつ留之助限定、TTF 2010限定、SDCC 2010限定、フランスのARTOYZ限定に振り分けられる。
そこで早くからこのプロジェクトに参加していた当店が4つある限定カラーから好きなのを真っ先に選ぶことができたのだ。
ご期待ください、ほかの4色とは一線を画すユニークなカラー・コンビネーションです。
早くコンセプト画だけでもご覧いただきたいのですが、発売直前まで公開できそうにありません。

アマンダの書店在庫をチェック→http://tomeshoten.exblog.jp/tags/Amanda+Visell/
アマンダの商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Amanda+Visell/
by tomenosuke_2006 | 2010-05-16 00:52 | ロウブロウアート
<< 懐かしのブライアン・テイラーが... ジョーレッドの赤裸々な作品集の... >>