香港挨拶回り、その3、本命のCOARSETOYSへ。
まず最初にマーク・ランドウハ改めマーク・ランドワーである。
マークの作品Pain 1:3を輸入することになった2008年はじめ、ドイツ語がちょっとは話せるという友人に“Landwehr”の発音をたずねると“ランドウハ”だって、だからソレでずっと通してきた。
が、マーク本人が“ランドワー”って言うんだから改めないと。
a0077842_16422473.jpg
最近、越したばかりの新スタジオへ。
かつては印刷会社だったという古いビルの、クルマが1台載せられそうな大型昇降機で4階に降り立つと、ホール左手にダークグリーンの大きな金属ドアがあり、片隅に、まるでポロシャツのワンポイントのようにCOARSEの黒い文字が見えた。
どうやらその下にある円形プレートの、白い電飾が一周する突起がドアベルらしい。
押してみると中で電気音が響き、間もなくマークが現れた。
TTF2009にゲスト参加した彼とは1日ちがいで会えず、そのあとのSDCC2009のサイニング・セッションでもニアミス。
顔を合わせるのはこれがはじめてだが、数え切れないほどのメール交換でお互い気心は知れている。
初対面とは思えない気安さで迎え入れてくれた。

1/3の大型フィギュア、ペインやチョッパーに続く第3弾を留之助とコラボレートして、大好きな日本でリリースできないかとマークから相談を受けたのは去年の秋だった。
最後のカラーウェイにして、その名はブラック・ペイン。
しかし製作にとりかかった矢先、モールドが破損してしまい、修復に時間をかけるくらいならまったく新しい大型フィギュアを彫刻したいと言い出して、そのプロト画像を見せられたのが3ヵ月まえだった。
ランドワー作品を初期から見てきた人なら分かるだろう、10インチ・サイズのアクション・フィギュア、クリームとスウイッチではじまった彼のキャリアは年を重ねるごとに洗練されて、目指すはアートの頂だ。
プロトはまさしくそれを顕著に感じさせる造型だったが、いま、完成直前の新1/3の原型彫刻を見せられて、その存在感にしばし言葉を失った。
これを世界に先駆け留之助がリリースできるなら、なんて名誉なことだろう。
スタジオ中央の作業台に載せられた原型を囲み、マークからストーリーやネーミングについて説明を受けながら、オモチャが好きで、オモチャを通じてユニークな才能との出会いを楽しみに、何よりもそのことを優先してきた甲斐があったと、しみじみ思ったのだった。
a0077842_10454965.jpg
スタジオはいま、7月にシカゴのRotofugiで開催されるショーに向けて、新しい試みだという大型のペインティングや新作フィギュアの準備で騒然としていた。
玄関ホールは段ボールで周りの壁をマスクしたペインティングのためのアトリエとなり、マシーン・ルームにはRotofugi限定のレジン・フィギュアの原型が横たわっていた。
製作スタッフは2名、Macを駆使してグラフィックの仕事をしていた。
マイケル・ラウのSK3や森チャックのグルーミーベアなど、スタジオのいたるところに自作やお気に入りのオブジェモチャが飾られていた。
ケースには3月にリリースされたピンクとホワイトのもっともレアなジョーズ。
それぞれ50個と100個の限定で、発売前にマークからプレゼントしたいと言われ、店主が来るまで保管してもらっていたのだけれど、今回、遂に持ち帰ることができる。
a0077842_1230299.jpg
マークからは香港へ同伴した家内もいっしょにディナーに誘われていたのだけれど、彼女の体調が思わしくなく遠慮することに。
で、締めくくりはフォース・フレンド・ブラックアウトのご購入者にプレゼントするためのマークのポートレートへのサイニングだ。
するとジョーズ・ルーザーのキーチェーンもどうぞと、マーク。
およそ2時間、楽しく過ごし、次のミーティングのおおよその日取りを決めてCOARSEスタジオを後にした。
a0077842_12324160.jpg
ジャムさんにも手伝ってもらい、大きな荷物を抱えてタクシーに乗り込む。
ホテルで休んでいる家内が気がかりで、キャリー・チャウのギャラリーに寄るのは断念した。
と、その時、ジャムさんの携帯が鳴り、何やら広東語で話したあと店主にこう語りかけた。
「マイケル・ラウがね、あなたに会いたいって言ってますが、どうしますか」
ユニークな才能との出会いは、体調を崩してホテルで伏している身内の介抱よりも、当然優先する。



ブラックアウトご購入者特典=マーク・ランドワーのサイン入りポートレート(A4サイズ)/ブラックアウトの大判フォトプリント6枚セット/ジョーズ・ルーザーのキーチェーン。
a0077842_1251583.jpg
ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/12722813/
by tomenosuke_2006 | 2010-06-19 12:52 | モチャ行脚
<< Cap Duckがソフビで帰っ... 最新Visionaire 58... >>