どう山分けするかが問題だ、ブラントとキャシーのアートピース。
「当店でカーニーズをご購入のお客さまにはもちろんプライオリティがございます」。
カーニーズの作者Brandt Peters(ブラント・ピータース)のメッセージを紹介した3月11日のポストで、店主がそうお約束したことを覚えていらっしゃることと思います。
少なくとも、プライオリティを期待してカーニーズをケース買いのみなさんは。
あの時、留之助がブラントとKathie Olivas(キャシー・オリヴァス)のアーティスト・カップルとコラボして、彼らのハンド・ペインティングによる少数限定レジン・フィギュアの準備に入ったと言いましたが、もちろんその夢のような企画は進行中。
ですが、その前にブラントから信じられないような話をもらったんですよ。
あのエリザベスも展示された彼らの作品展『LIVING BETWEEN WORLDS』直前に66個がレジンで抜かれ、会場で12個のみ完成版が限定販売されたOG SKELVEの残りがやっと完成し、3個を留之助へ提供してくれるというのです。
a0077842_7504992.jpg
ばかりかSDCC 2010限定として製作され、ニュー・コンテンポラリー・アート誌HI-FRUCTOSEのブースで発売される彼らの全作品も、やっぱり3個ずつ特別に送ってもらえるのです。
たとえば上の画像のOG・スケルヴと並んで立つ4.25インチ(11センチ)のミニ・OG・スケルヴ、100個限定のうちの3個。
さらに下の画像のOG・スケルヴと同寸8インチ(20センチ)の66個限定ホワイト・シャドウ・スケルヴと、同じく66個限定"インディゴ・フェード"ジャック&ラッキーも3個ずつ。
さらにまだ公開まえのキャシーの新作も。
ぜんぶで5種類15個を、まずはカーニーズご購入のお客さまと仲良くひとつずつ山分けして、あとはミッドナイトセールでしょうか。
a0077842_7511622.jpg
年々参加者が激増して週末などは身動きもとれなくなるSDCCは、とくに初老の店主には酷過ぎ。
大変な思いを強いられる割りには収穫が少なく、当分行くのはよそうと思っていたんですが、行かなくってももうこんな収穫、結構なことじゃないですか。
他にも当店専属のバイヤーさんにガンバってもらい、会場限定モチャをゴッソリ輸入の予定です、ご期待ください。
by tomenosuke_2006 | 2010-06-29 07:55 | イマモチャ
<< しかもクリス・ライニャックです。 エリック来日まであと3日。 >>