こちらは9月中旬の入荷、Dragon Con限定スケルヴ。
Brandt Peters(ブラント・ピータース)とKathie Olivas(キャシー・オリヴァス)夫妻が中心になって立ち上げたオブジェモチャとアートの創作集団CIRCUS POSTERUS(サーカス・ポスターラス)だけど、もうすっかりプレミアム・トイ・ブランドとして定着した感じだ。
4月にLAのGallery1988で開催されたふたりの作品展で限定66個のうち12個だけ売り出され、あとの54個は後日CIRCUS POSTERUSのオンライン・ストアで一般発売するといわれながら、結局は友人・知人に配られて終わったスケルブ・OG。
ふたりが丹精込めてハンドペイントした高さ8インチ(20センチ)のレジン製フィギュアで、もはや冗談でなく、未曾有のプライスで取り引きされる幻のスケルヴ第1号となってしまった。
藁をも掴むっていうのだろうか、当店にまで海外の熱烈なコレクターから問い合わせがあるくらいなのだ。
a0077842_22401336.jpg
さ、そのスケルヴもSDCC 2010でホワイト・シャドウ・スケルヴ(限定66個)をはじめ、4.25インチ(11センチ)のミニ・OG・スケルヴ(100個限定)やマサオ・スケルヴ(30個限定)へと発展し、どれもこれも傑作揃いなら、どれもこれも入手この上なく困難なシリーズとなってしまった。
そしてこんどは9月3日〜6日、世界でもっとも過激なコスプレイアーたちが集まると評判の、一度は覗いてみたいアトランタのDragon Conで、大小2種類のプラズマ・スケルヴが発表されることになったのだ。
で、フツー、現地に出かけなきゃ、彼らのイベント限定作品を手に入れるなんて絶対無理だけれど、これも先のスケルヴ同様、必ず入荷します、ウソじゃないです。
a0077842_2326052.jpg
マサオ・スケルヴをのぞくCIRCUS POSTERUSの一連の作品は、いままでブラントのカーニーズをはじめ、サーブ・オー・マチックやキャシーのMINDstyleモノなどを熱心にご購入いただいた留之助ユーザーのみなさんに優先販売させていただきます。
が、もちろんうまく割り振りしてミッドナイトセールできるように根回し中ですので、そこそこご期待くださいね。
by tomenosuke_2006 | 2010-08-05 23:59 | イマモチャ
<< この絵が完成しないことには、新... きょうのダニー2010 - そ... >>