留ブラPRO、放電マスター。
本日30日午後1時半、マルシン工業さんで放電マスターのチェックを行った。
とくに複雑な曲線で構成されるマガジン・ハウジングをはじめ、RカバーとLカバー、及びレシーバーと刻印などは、金型製作のまえに、こちらの意図が100%反映されているかどうか立体で検証する。
そのためのズッシリ重い純粋銅の放電マスターなのである。
一部修正、一部鋭く立ったエッジを和らげていただくようお願いした。
結果が楽しみだ。
その他のパーツについてはすでに金型製作が進行中で、首尾よくいけば9月末には目処がつく。
a0077842_1240627.jpg
a0077842_12402113.jpg
a0077842_12413171.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-08-30 23:55 | 留之助ブラスター
<< 留ブラPRO、素材構成図。 MINDstyleのCTB第2... >>