お見事、アンベル・コレクション専用棚。
もと青森県在住の生物専攻の学生さんで、現在は北海道で社会人していらっしゃるSさんといえば、おそらく日本一のAndrew Bell(アンドリュー・ベル)作品のコレクターさんでしょう。
アートプリントからモチャまでコンプリートめざしてかれこれ3年、絶版モノの捜索では留之助も陰ながらお手伝いしてきましたが、この度、お父上よりアンベル・コレクション用の手作り飾り棚をプレゼントされたとメールをいただきました。
大小いくつもの穴が開いた白木の枠に、焦げ茶に染めた4枚の棚板。
そのすべてが思い思いのカーブを描き、同じかたちはひとつとしてない。
学生時代は部屋の壁際にブロックと合板で即席の棚をこしらえ、いろんなモチャを積み上げていらっしゃいましたが、あれはあれで味がありましたけど、今度の棚はそれ自体、変な生き物のようでもあり、デザインからしてアンベル的、ジャストフィットだと思います。
いまアンベルといえば、NYのMPH LABSとコラボで新作を企んでるらしいです、楽しみは尽きませんね。
a0077842_10434976.jpg
アンベルの商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Andrew+Bell/
アンベルの書店在庫をチェック→http://tomeshoten.exblog.jp/tags/Andrew+Bell/



a0077842_1050629.jpg
a0077842_10501844.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-09-23 10:53 | 投稿画像
<< 極秘2Tone Dunny s... NYCC 2010が迫ってまい... >>