こういう手がありましたか、風船アイスクリーム。
目と鼻の先にいながらローマで開催中のBuff Monster(バフ・モンスター)のショーには寄れず、24日午後3時にミラノを発ち、ヒースロー〜成田〜セントレア〜飛騨高山に帰り着いたのは25日の深夜。
いつもながらセントレアから自宅までのおよそ250キロの運転がトドメです、いささか疲れました。
けれど、そんな間にもモチャ・メールがいくつも入っていて、そのひとつ、The Loyal Subjectsからのオファーにさっそくレスした次第です。
a0077842_144859.jpg
先月、LAのCorey Helford Galleryで開催されたバフの作品展で、ひときわ目立っていたのが巨大なアイスクリームのスカルプチャー(上の画像)。
それをどこかのニュースサイトで見て、大きくっていいなぁ、背も高いけど値段も高いんだろうなぁ、運良く資金のメドがついて買えたとしても飾る場所がないなぁ、これじゃネオンと同じで宝の持ち腐れになるだけだなぁ、とか、いろいろ思いをめぐらせたものでした。
そういうアイスクリームがThe Loyal Subjectsによって取り扱いいたって簡易な、頃合いの大きさ(小学4年生の平均身長)の、しかもサイフにやさしいビニール風船で再現されたのだ、これは買いでしょう。
250個限定、今月末出荷予定、早く振り回して遊びたいです。
a0077842_2215013.jpg
バフモンの商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Buff+Monster/
バフモンの書店在庫をチェック→http://tomeshoten.exblog.jp/tags/Buff+Monster/
by tomenosuke_2006 | 2010-10-26 23:59 | イマモチャ
<< FERGと約束しました、彼のモ... FLIX12月号はMINDst... >>