FERGと約束しました、彼のモチャを積極的にセールスします。
FERG(ファーグ)といえば、7年前、Van Beater(ヴァン・ビーター)とともにイタズラな、じつに男の子らしいモチャメーカーJAMUNGO(ジャムンゴ)を旗揚げした気鋭のデザイナーだ。
最近ではJAMUNGOをヴァン・ビーターにまかせ、自分はホンコンのTHREEZEROが製造と販売を受け持つ新ブランドPLAYGE(プレイグ)を立ち上げ、ミリタリー色濃厚なフィギュアを矢継ぎ早に発表している。
テキサス州オースチン生まれで、ずっとオースチン在住。
ほかの少年たちのようにビデオゲームに熱中することはなく、スピードメタルを聴き、スケートボードで育った。
好物はSci-Fiと戦争映画、自作の起源はすべてそこにあると語る。
a0077842_4343419.jpg
そういうファーグのPLAYGEブランド・モチャを、THREEZEROからビジネスライクに仕入れる気は毛頭なかった。
アーティストに興味があるだけに、ちゃんとコンタクトをとり、留之助商店を知ってもらった上で、彼と彼のモチャを愛情込めて日本に紹介したかったからだ。
と、そんなふうなことを考えていたら、持つべきものは友である、こちらの気持ちをまるで見抜いたようにBrandt Peters(ブラント・ピータース)が旧知のファーグに留之助を推薦してくれていたのだ、知らないところで。
ファーグの方から突然メールが舞い込んだ。
こうなると話は早いよ、さっさとPLAYGEモチャの新しいところの入荷が決まった。
まずは近日発売のPlayge Rat(プレイグ・ラット)のオリジナル版とプレイグ版の2種、そのあと11月下旬には新作Gassed S003 and K11 ROVR(ガスドS003 & K11ローヴァ)の2体セット、さらにほかにも。
というわけで、これからはファーグの動向を逐一ご報告させていただきますね。
a0077842_5383687.jpg
a0077842_6411079.jpg
上の画像が1/6アクションフィギュア仕様のプレイグ・ラット。
赤目がオリジナル版の300個限定、緑目がプレイグ版の100個限定、当然後者の入荷数は前者の1/3と少ない。
3ピース・スーツを着込み、スーパーリアルで特徴的な手首2種、散弾銃スパイス-12、弾薬帯、短剣が付属。
加えて、後頭部を押すとペロッと舌を出すお遊びギミックが内蔵されている。
a0077842_6351147.jpg
一方、ガスドS003とK11ローヴァのセットはというと、ガスドは防弾チョッキ着用でレッド・ドット・サイト付き短機関銃UMPを装備、手首2種、着脱可能なヘルメットが付属、ローヴァにはモジュラーハーネス、着脱可能なポーチとヘルメットが付属する。
微に入り細を穿つ装備の数々、生粋の男子にはこういうディテールがたまらんのであります。
“某国のすぐカッとなる暴徒共を鎮圧せよ”ゴッコでもしようかな。
a0077842_6352463.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-10-27 07:40 | イマモチャ
<< 留ブラPRO、職人さんの手。 こういう手がありましたか、風船... >>