地震の日にマーク、来日。
キャットストリートのCOMMONで5月上旬に開催するMark Landwehr(マーク・ランドワー)の日本初の作品展打合せのため、3月12日に東京で会う約束をしたのは1ヶ月前だった。
けれどアポ前日の11日、彼が乗る飛行機が日本に近づくころ大地震が発生し、急きょ閉鎖された成田空港を回避して羽田に着陸すると、マークにとって久しぶりの東京は想像を絶する混乱の最中にあった。
羽田からの陸路は寸断され、渋谷のホテルまでの18キロをiPad片手にハイキングのつもりで歩くとメールがきた。
店主は12日当日、クルマで名古屋まで出てのぞみに乗り継ぎ、山手線の外回りが運休しているのを知って、品川から渋谷へはタクシーで向かった。
断続的な余震に怯え、昨夜は一睡もできなかったとマーク、バックパッカーの出で立ちだ、9ヵ月ぶりの再会である。
COMMONでは、彼はまずギャラリーの内と外を念入りにカメラに収めた。
そのあと大きなバックパックから取り出した合計6体=3ペアの新作フィギュアの塗装前素体を見ながら、どれを留之助商店取り扱いの東京エキジビション限定にするかを話し合った。
即納可の2体セットと、threeAの看板アーティストとのコラボレーション・フィギュアに決めた。
後者は予約販売となる。
展示の内容についても詳しく打ち合わせができた、ずっと地震速報を気にしながらだったけれど。
a0077842_0535584.jpg
マークは火曜日までの滞在を切り上げ、日曜日早朝の便で帰路についた。
店主は宿泊するつもりでいったんはチェックインしたホテルを出て、最終ののぞみで名古屋へ戻った。
TVで岐阜県にも地震警報が出たと聞いたからだった。
マーク・ランドワー展(仮称)は思い出深いイベントになりそうだ。
by tomenosuke_2006 | 2011-03-13 23:59 | 留之助イベント
<< お知らせ、TOYS HELP ... 地震の被害にお見舞い申し上げます。 >>