ナポソロをジョージ・クルーニーでリメイク始動。
エイプリルフールにこんな話をしても信じてもらえないかもしれないな。
去年11月、スティーヴン・ソダーバーグ監督が自作の『オーシャンズ』シリーズなどで気心も知れているジョージ・クルーニーを主演に『The Man From U.N.C.L.E.』のリメイクを検討しているというニュースが流れたけれど、ついにクルーニーが契約に同意した。
で、2012年の公開を目指して製作準備に入ったのだ。
往年のスパイ・シリーズのリメイク版といえば『アイ・スパイ』や『ゲット・スマート』などの拍子抜け映画ばかりで、あんなことになるくらいならナポソロだけはそっとしておいてほしいと思っていた。
たとえアカデミー賞監督のソダーバーグでも、クルーニーがソロを演じようとも、聖域には近づいてほしくないとさえ思っていたのだ。
が、THE UNCLEGUN.COM の主宰者Brad Ferguson(ブラッド・ファーガソン)氏によると、今度のナポソロはTVシリーズと同じ1960年代を舞台に、オリジナルの雰囲気を尊重しつつ、定番のアンクル対スラッシュの戦いを高度に進化した映画術を駆使して描く拘りの作品になるらしい。
そういえば去年末、ソダーバーグ監督作のもうひとりの常連マット・デイモンがロサンゼルス・タイムズのインタビューにこたえて、こんな話をしていたことを思い出した。
「彼はいま撮影中の『Contagion』(2011年10月21日全米公開)を終えた後、来年(今年)からマイケル・ダグラス主演の『Liberace』(2012年全米公開予定)を監督して、その後、多分ジョージ・クルーニーといっしょに1本だけ仕事をしたら引退するつもりなんだ。映画界を退いたら、画家になりたいと言ってるよ」。
デイモンの言葉を信じるなら、ソダーバーグ監督はフィルム・メーカーとしての引退記念にナポソロを選んだことになり、だったらハンパな映画にはならないだろうと思えてきた。
あとはイリヤを誰が演じるかだ。
ところでブラッドさんは、リメイク版の設定がオリジナルと同じ60年代だからP38のアンクルガンやカービンも同様に使われるべきだと、自分が手塩にかけて創り上げたレプリカを売り込むらしい。
店主もマルシン工業さんとパイプができたことだし、アンクルガンの決定版やM1-カービンを使ったスラッシュ・ライフルなんかも出来ないものかと変なことを考えはじめたのだった。
a0077842_11542669.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-04-01 12:08 | TV・映画・ビデオ
<< TOYS HELP US x ... スクラッチ・ナインス・ライフの... >>