留之助開店5周年に間に合えばめっけもん。
憧れのブルース・リーをフィギュア化するつもりだと、kaNOからメールをもらったのは去年の9月。
ベリーkaNOタッチな3種類のカラーチャートが添付されていたから、当然ひとつ、中でも特別なヤツを即リザーブしたのだった。
発売元は留之助限定シャドー・ミクトランですっかり仲良くなったKuso Vinylだし、もちろん準備ができ次第、真っ先に連絡をくれるようKusoのオーナーのJonathan Ma(ジョナサン・マ)にも念を押していた。
ら、本日午後、とうとうDoragon King(ドラゴン・キング)と命名されたkaNOの新作についてジョナサンから正式にオファーがあり、トントンと商談成立した次第。
a0077842_2157166.jpg
むやみやたらにカラーウェイを出したくない、せめて作っても4つまでというkaNOの希望どおり、去年見せられた3つにもうひとつバリエが加わり、ぜんぶで4種類。
ひとつは小売店向けのOG版で、あと3つがショップやイベント限定となる。
その新たに加わった『死亡遊戯』風の黄色のジャージ版に一瞬惹かれたけれど、やっぱり店主は初心どおり、あのマスクを着けたブルース・リーにした。
なんたって原体験のブルース・リー、普及して間もないカラーテレビのまえであのキレのいい空手アクションに熱中したのは中学生のころだった。
ちなみに画像は原型、もしかしたら9月下旬〜10月下旬に予定している留之助商店開店5周年記念セールに間に合うかもしれない。
a0077842_22143997.jpg




a0077842_22302999.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-05-19 22:15 | 留之助限定モチャ
<< Ajeeの新作は陶磁器とソフビ... 夏向き、ティキ・スティッチの溶... >>