クロンクのテッカテカの20インチ・ダニー。
サンプル画像をはじめて見たときは、2Tone Dunny seriesでMaxx242がデザインした黒地のダニーに何気に似ているなぁと思った。
のが、南アフリカのアーティストKronk(クロンク)によるKilljoy Dunny 20-inch(20インチ・キルジョイ・ダニー)だ。
ただし20インチ(50センチ)だけあって表現は隅々まで緻密、かつてないテッカテカのグロス仕上げが効いて、見れば見るほどまったく別物だということに気付く。
しかもこれ、いままでのクロンク作品(ジンジャーマン・ダニーツリー・ハッガー・ダニー)のユーモアに満ちたフリーハンドなタッチとは異り、無機質なブラックボディをブルーとピンクとイエローの繊細正確な線で飾り、花びらで均等に縁取った白く丸い虚ろな目が特徴だ。
パッケージも含め、おそらくIllustratorで描いたのだろう左右対称のカラフルなデザインは、あくまでも冷ややかなのである。
Killjoyとは“場をシラケさせるヤツ”をいうのだけれど、どうしてクロンクのキルジョイ・ダニーはこれまでのクロンクらしからぬ、これからの新しいクロンクを見事に表し、かつ大いにダニー・シーンを盛り上げてくれるにちがいない傑作だと思う。
世界限定350個、予価¥48,300(税込)、6月30日発売。
a0077842_15573978.jpg




a0077842_16121767.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-06-10 16:23 | kidrobot 新製品情報
<< shuwest編集『未知との遭... FERGの新作ノズル・スクワッ... >>