お尋ねしたいことがありますから、下記により係官のもとまでおいでください。
6月9日、岐阜地方検察庁より、上記見出しの書簡が届いた。
日時・平成23年7月12日(火)午後1時30分
用件・平成21年12月9日の模造けん銃の件
台湾から帰国した翌日、2時間かけて岐阜市の検察庁に向かった。
結論・押収された留之助ブラスターAPの試作品と、その他、昭和46年規制前のモデルガンの、いわゆる模造けん銃所持違反により略式起訴が確定し、後日、科料が言い渡されることとなった。
模造けん銃は造ることも、それを売ることさえ罪には問われず、所持だけが違法となる。
つまり押収された留之助ブラスターAPの試作品に限っていえば、それが店主の営むオモチャ屋の店内にあったことが違法なのであって、販売目的で製作の指揮をとったことなどは罰則の対象ではないのだった。
a0077842_23145751.jpg
去る3月16日に高山警察署で行われた最後の事情聴取では、
1.バレルジャケットを鋼鉄製にしたために金属割合が増え模造けん銃の要件を満たしてしまったこと、
2.よって閉塞した銃口が目視できる樹脂製のバレルジャケット(リコール・バレル)を用意して、
3.押収品と同じ部材構成である販売済み留ブラOGの完成モデルについてはすべてリコール・バレルに換装、
4.キット購入者にも金属製のバレルジャケットを装着したままでは法に触れることを知らせ、リコール・バレルを提供して、
5.製造販売した者としての責任を全うした旨を供述した。
おそらくその調書が検事の机にうずたかく積まれた関係書類の山のいちばん上にあったのだろう。
家宅捜索から1年と7ヵ月目、検察庁での約1時間の聴取のあと、ようやく司法の判断が下りた。
留ブラは鋼鉄製のバレルジャケットを装着したAPの試作品だけが模造けん銃であり、リコールバレルが装着されたOGはこの限りではないのだ。

OG所有者の皆様には長きに渡り多大なご心配、ご迷惑をおかけしましたこと、本当に申し訳ございませんでした。
また、リコールバレルの換装及び交換に際しましては並々ならぬご理解とご協力をたまわり、改めまして心より感謝申し上げます。
これにて留ブラ事件は落着しました。
a0077842_1331241.jpg
検察庁の帰り、岐阜市でカメラマンをしている従兄弟のスタジオに寄り、限定黒モデルをチャチャっと写してもらった。
後日、ゆっくり見ていただこうと思っている。
by tomenosuke_2006 | 2011-07-26 01:54 | 留之助ブラスター
<< Erick Scarecrow... 本題はcasting shad... >>