NYCC 2011/Andrew Bellとも名刺交換。
モチャや書籍やポスターの新製品が出るたび話題にしてきたAndrew Bell(アンドリュー・ベル)さんとはすっかりお友だち気分なのだけれど、じつは一度も面識がなかった。
のでNYCC 2011のDumbrellaブースでプロモーションに立つと聞き、この機会に何がナンでも顔見知りになろうと思ったのだった。
キャシー・オリヴァスとブラント・ピータースが主催するアーティスト集団Circus Posterus(サーカス・ポスタラス)の一員になったみたいだし、うまいぐあいに『Monsters and Misfits』展を話題にすれば即わかってもらえて、いろいろと話が弾む。
消え入りそうな細い声で、繊細な物腰、O-No Sashimiが日本でもバカウケだと話すと「サンキュー」を連発してた。
で、今回のコミコン会場で発売されたオー・ノー・サシミのRed Snapper(レッド・スナッパー)版は、夏にシンガポールで開催されたSTGCCD 2011限定の赤いのとよく似ているけれど、シッポが浸かる器やタレの色などが微妙に異なる。
聞けばいずれ卸販売があるということで、記念にひとつだけ、サイン入りを購入、アンベル・ファンのみなさんはしばしお待ちを。
a0077842_16335814.jpg
a0077842_1638068.jpg
それよりも幸運だったのは、展示してあったワンオフ・カスタムを譲ってもらえたことなんである。
2009年にFilth Wagon(フィルス・ワゴン)の発売を記念してkidrobot LAで開催されたカスタム・ワゴン・ショーの出品作。
ワゴンの屋根にヌイグルミにもなったWorrible(ウォリブル)が縛り付けられている傑作で、いままで大事に保管してきた愛着の一品だとか。
いや、店主用ではなく、たびたびアンベル・モチャの画像を投稿いただいている熱烈コレクターさんのために直談判したのだった。
a0077842_1717930.jpg
Andrew Bell is set to release a brand new version of his O-No Sashimi figure in the cool looking "Red Snapper" edition. This is perfect if you love red but missed out on the super limited Singapore edition as a small number. Tomenosuke will release this edition soon.



a0077842_17304943.jpg
a0077842_1731215.jpg
a0077842_1731221.jpg
a0077842_1731314.jpg
a0077842_17314850.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-10-17 17:32 | モチャ行脚
<< NYCC 2011/スナップその1。 NYCC 2011/ESCのコ... >>