DCon 2011モチャ、トリを飾るのはDoubleparlour。
この世と少し離れた場所で仲良く暮らすヒトとケモノが、時間の裂け目から迷い出て呆然とたたずむ様子を描いたように見える。
ユーモアとメランコリーが危なげに混ざり合って、本当は自分だけのものにしておきたかったDCon 2011で出会った未体験のオブジェモチャ。
Doubleparlour(ダブルパーラー)を名乗るSFから来たアーティスト・デュオ、Ernie(アーニー)とCassandra(カサンドラ)のVelasco(ヴェラスコ)夫妻が生み出した恐ろしくも特異な彫刻たちのことだ。
これぞDCon 2011買い付けツアーのトリを飾るにふさわしい作品だろう、とくとご覧あれ。
a0077842_22503964.jpg
あなたたちの作品には特別なストーリーとかソースがあるのかという問いに、奥方のカサンドラは静かに笑みを浮かべながら答えてくれた。
これといって意味はないの、ただふたりで語らいながら、ほとんど即興的に絵を描いたり、彫刻しているだけ。
そういう立体作品はいずれもファンド(石粉粘土)を使ったワンオフ造形、ハンドペイントで仕上げられ、ふたつとして同じものはない。
そこで日本向け入門編に選んだのは、背中に壁掛け用のフックがついた4人の少年少女、てんでにこの世と少し離れた場所に棲むペットを抱えている。
留之助ではこの4作品を手始めに、ダブルパーラー・モチャを日本に積極紹介していくつもりなので今後にもご期待いただきたい。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/i87/
a0077842_23282077.jpg
Founded in November 2007, Doubleparlour is Ernie and Cassandra Velasco. They are a husband and wife artistic duo living in San Francisco. Cassandra has a B.A. in Fine Art from Humboldt State and Ernie is a self taught artist. Doubleparlour's work includes solo and collaborative pieces in a variety of mediums and materials. They strive to produce well-crafted artwork with an emphasis on peculiar, humorous and melancholy characters.



a0077842_23434031.jpg
左から、Fale(フェール)、Zoelle(ゾエル)、Caine(ケイン)、Florene(フローレン)。
a0077842_23463438.jpg
a0077842_23473486.jpg
a0077842_23481745.jpg
a0077842_23485640.jpg
a0077842_23495166.jpg
a0077842_23503032.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-12-01 23:53 | 商店入荷新着情報
<< Codyを4種まとめ買いのコレ... 待望Sket-Oneのカスタム... >>