ストーリー・オブ・留之助限定Humphrey Mooncalf。
Humphrey MooncalfについてDoktor Aは次のように語った。

ハンフリー・ムーンカルフは“トラヴィシックNo.4ナノ”時計じかけの脳に慢性的頭痛を抱えるロボットだった。
時計修理屋へ何度も通うことで、問題解消することになる。
頭蓋のリベットをゆるめて、痛みが再発しないようにしたのだ。
しかしそれによって彼は天空を見上げることができなくなってしまった。
上を向くと、頭蓋とともに脳みそがこぼれ落ちてしまうからだ。
それはとても残念なことなのだ、なぜなら彼は月をこよなく愛していたから。

下のスケッチはドクAによるハンフリー・ムーンカルフの最初期のアイディア画である。
a0077842_2291752.jpg
Doktor A told about Mooncalf's story:
Humphrey Mooncalf had a reoccurring problem with his Travithick No. 4 Nano-clockwork brain.
Repeated trips to the watch-smith proved a great success.
The pain held at bay by loosening his cranial rivets.
This however means that he can no longer look up.
Such a shame, as he does so love the moon.

グリーンの留之助限定Leprechaun(レプラカーン)の由来は、アイルランド伝説の妖精の名前からきているとドクAは語る。
レプラカーンは靴職人で、妙な理由から一度に片方の靴しか作らない。
宝物を隠していて、あなたがそのレプラカーンを捕らえたら、彼は宝の在りかを教えてくれるだろう。
ただし、あなたがその隠し場所に目印をつけようなどとすると、たぶらかされるからご用心。
a0077842_22134988.jpg
The Leprechaun is a type of Irish Faerie. Traditionally they are said to me shoe makers.
Though for some strange reason they ever only make one shoe at a time!
They also horde treasures and if you catch one he is obliged to lead you to it.
Though he will trick you should you try to mark the place it is hidden.
by tomenosuke_2006 | 2012-01-03 22:38 | 留之助限定モチャ
<< DIZIGNって、こんなにカッ... Doktor Aデザイン、留之... >>