Travis Louieの6つ目オジさんも同時発売。
少年のTravis Louie(トラヴィス・ルイ)はアトミック・エイジのSci-Fi & Horrorを観て育ち、ゴジラやレイ・ハリーハウゼン映画に出てきたモンスターの絵を描くのが大好きだった。
ブルックリンのPratt Instituteでコミュニケーション・デザインを学び、卒業後はコマーシャル・イラストレーターとして働きはじめるが、まもなく地元のギャラリーでオリジナル作品を発表すると、ことのほか評判もよく、ついには専業の画家として独立独歩の道を選んだのだ。
彼の絵は前述のモンスターたちの記憶に、その後、傾倒したドイツ表現派の時代趣味が加わった独特の様相を呈している。
F・W・ムルナウ監督の吸血鬼映画の古典『ノスフェラトゥ』(1922年)やフリッツ・ラング監督の『ジークフリード』(1923年)など、モノトーンの古ぼけた雰囲気がかすれたタッチのペンシルとパステルで懐かしく甦る。
その外見ゆえ仲間だけでひっそりと生きるしかなかった人物たちのポートレート
ある者はユーモアに富み、別の者は憂いに満ちて、トラヴィスの創作モンスターたちには愛を感じないではいられない。
そんな彼の代表作Uncle Six Eyes(アンクル・シックス・アイズ)をBIGSHOT TOYWORKSが見事立体化したレジン製バスト・スタチューも、同じトラヴィスのスタン・スケルヴのミッドナイトセールに合わせて発売する、のでお楽しみに。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/17214283/
a0077842_4311866.jpg
First shown as a full-body figure at SDCC 2009, Uncle Six Eyes was eventually changed to a bust...and now he's finally available for your collection! This fine art multiple is limited to only 150 pieces worldwide.



a0077842_447467.jpg
a0077842_4585272.jpg
a0077842_459169.jpg
a0077842_4591065.jpg

by tomenosuke_2006 | 2012-01-14 04:48 | 商店入荷新着情報
<< 留之助限定Bronze Jum... 明日土曜深夜24時からCPモチ... >>