Lady Butterfly Cherry version、10個限定、仕上がる。
極寒の飛騨高山を訪れバレンタインデーに発売するLady Butterfly Sculptureの新作を仕上げるのが、Aikoさんの年中行事になったような気がする。
3番目のレディ・バタフライのカラーは淡いチェリー色、DICのカラーサンプルでいうところの24番で本体の下塗りをすませ、約束どおり、透明レジンでキャストした羽はそのままにしておいた。
これまでの1色ベタ塗りとは異なるレディ・バタフライにしたいと、Aikoさんから言われていたからだった。
で、彼女が選んだのは極薄のホワイトと透けて見えるレッド。
さすがの仕上がりに舌を巻いた。
柔らかで、軽やかで、甘い香りを残し、遠くへ飛んでいってしまいそうなチェリー・バタフライが完成した。
a0077842_18122973.jpg
a0077842_18124151.jpg
a0077842_1813094.jpg
a0077842_181398.jpg
I feel that visiting Hida Takayama in a frigid winter to finish new Lady Butterfly Sculpture which are released on Valentine’s Day has become an annual event for Aiko. The color of the third Butterfly is light cherry color. She separately painted transparent resin feathers in see-through red and ultra-thin white using an airbrush. Soft, light and a sweet scent left, Cherry Butterfly which look as if they would fly far away have been completed. Please wait for the follow-up.
by tomenosuke_2006 | 2012-01-16 23:59 | 留之助オリジナルモチャ
<< 6個目のWar Babyはブル... 最後のAlex De Larg... >>