casting shadows pain、ふたつとも入荷決まる
傷ついてうなだれるnoop(ヌープ)と血に染まったnism(ニズム)を、空からカイトのpow!(パウ)が見下ろす。
COARSEのヒット作casting shadows(キャスティング・シャドー)第4のカラーウェイ、pain(ペイン)の入荷が決まった。
しかも契約小売店向けのsignature editionだけでなく、コーストイ直販200個限定のsoul editionも。
各エディションは微妙に異なる表情を有し、シリーズ中、仕上げにいちばん時間がかかったという抑えたモノトーンのカラーリングに、真っ赤なポイントがドキリとさせる。
さらに一見同じように見えるパッケージもまったく異なる素材と設計で、どちらを選べばよいか悩みどころなのだ。
シグネチャー・エディション(予価¥37,800)はギミック付き厚紙製、ソウル・エディション(予価¥47,250)は重厚な木製ケース入り、ちなみに店主は両方いただきたいと思います。
では、シグネチャー・エディションの画像から。
a0077842_5224991.jpg
a0077842_5225863.jpg
a0077842_5233520.jpg
a0077842_5231047.jpg
a0077842_5235641.gif

▲casting shadows pain signature edition





a0077842_5285618.jpg
a0077842_52988.jpg
a0077842_5292633.jpg
a0077842_5303660.jpg
a0077842_5323862.jpg
a0077842_5334084.jpg

▲casting shadows pain soul edition


by tomenosuke_2006 | 2012-03-03 23:59 | イマモチャ
<< さらにoopCr — two ... Monsters & Misf... >>