4月28日、Michael Lauと固く約束
今回の香港行きはCOARSE studio nightがきっかけになったけれど、ずいぶんまえから出かける機会をうかがっていたのだった。
熱しやすく冷めやすい日本流のビジネスに翻弄されたからなのか、ここ数年、日本から遠ざかっていたMichael Lau(マイケル・ラウ)とひさしぶりに会って、これからのことを話し合いたいと思っていたのだ。
去年3月には留之助主催の東北地方太平洋沖地震義援金キャンペーンTOYS HELP US素晴らしい作品を提供してくれたり、マイケルとのリレーションはけっして悪くない。
だから一歩踏み込んで、彼のプライベート・サイトcrazysmilesでしか買えないような作品を留之助が扱える道筋をこしらえてもいいころじゃないか、と。
27日、マイケルの秘書 (?) Florance Yip(フローレンス・イップ)に到着した旨をメールすると、翌28日昼過ぎ、引っ越して間もない新スタジオに招待されたのだった。
ビルのワンフロアーを贅沢に改装したスタジオは九龍(カオルーン)地区の、じつはThreeAの斜め向かいにあった。
a0077842_8474561.jpg
聞けばフローレンスは3年半前に結婚したマイケルの美しい奥方で、イタリアのアパレル・ブランドFENDIのアジア太平洋地区のマーケティング・ディレクターを務めるかたわら、ファイン・ウォッチとジュエリーのデザイナーとして自らのブランドalmost normalを運営している才女なのだった。
創作が専門のマイケルに代わり、彼女が今後の取り引きについてテキパキと対応してくれた。
いまはインベントリー・リストの到着を待つのみ、パリのcoletteでしか買えないフローレンスがデザインした腕時計とマイケルがデザインしたフクロウのフィギュアのボックス・セットも留之助で取り扱えそうだ。
29日の香港最後の夜は、同伴した16歳の息子ともどもジャッキー・チェン・チャーシューで有名な銅鑼湾(コーズウェイベイ)の西苑酒家(サイユン・ザウガー)でご相伴にあづかったのだった。
a0077842_10524658.jpg
I visited Michael Lau's new studio in Kowloon. That was the first time to meet him in two years. We had a lively conversation and he allowed me to introduce his works which people could purchase only at his private site crazysmiles to collectors in Japan. I also may be able to introduce their collaboration works almost normal which Michael's beautiful wife Florance Yip, a jewelry designer conducts. Please wait for next news.



a0077842_11345327.jpg
a0077842_1135236.jpg
a0077842_1126283.jpg
a0077842_1126534.jpg
a0077842_11323925.jpg
a0077842_11325483.jpg
Limited edition of 79 pieces in the world for the Gold and Silver, and 39 pieces for the Pink gold colorway.
a0077842_11335489.jpg
a0077842_1134596.jpg

by tomenosuke_2006 | 2012-04-28 23:59 | モチャ行脚
<< 4月29日、COARSE st... 4月27日、ThreeA Ho... >>