留之助限定TB no.7のYakuzaたる所以
Trouble Boy #7 DRIFTER(トラブルボーイ・ナンバー7・ドリフター)の準備段階のころ、Brandt Peters(ブラント・ピータース)とフィギュアに付属させる"Yakuza"のシンボル・アクセサリーについて話し合った。
そのひとつが"tanto knife"、つまり業界用語でいうところの"ドス"だった。
また、最終的に割愛されたものもあった。
Brandtのコンセプト画にも描かれているバッジである。
有名な組織の本物のバッジの画像を参考用に送ったが、くれぐれも実在のバッジを連想するようなデザインだけは避けてくれと頼んだものだった。
が、最終的に割愛されて、内心、ほっとした。
「君子危うきに近寄らず」というでしょ。
一方、ブラントは早い段階から"tatoo"のアイディアを持っていた。
今度のトラブルボーイの特別な点は、服の下に潜む全身を覆うブラント・タッチとでもいうべきタトゥーなのだ。
下の画像が、2011年7月7日に彼から届いた最初のタトゥー・レイアウトである。
a0077842_18421041.jpg
At the preparatory stage of the Trouble Boy #7 DRIFTER, I talked about the symbol accessories of the Yakuza with Brandt Peters. One of them was “tanto knife” that comes along with the Mac11. However, some of the ideas were finally omitted. One example was a badge which was drawn on the concept art of Brandt's. I sent him a picture of real badges which is famous as a symbol of Japanese syndicates; however, I told him that our design should not be associated with the real one. Finally the idea was not adopted, so honestly I was a little bit relieved. It was just like ”Better safe than sorry.”
On the other hand, Brandt had a tattoo idea from the early stage. The special point of the Trouble Boy this time is the hidden tattoo covering the whole body under the clothes presented by so-called Brandt’s specialty touch. The above image is the first tattoo layout sent from Brandt on July 7, 2011.
by tomenosuke_2006 | 2012-05-20 18:56 | 留之助限定モチャ
<< これはデカ過ぎでしょう Flying Fortress... >>