情けないのが魅力のソフビ・ボーンズ
これを仕入れることに決めたのは、素っ気ないくらいシンプルなデザインと、ピッツバーグ在の作者Mike Eganのウソのようなホントのようなバックグラウンドによる。
高さ8インチ(20センチ)の、たぶん一発成形のソフビ製Bones(ボーンズ)。
日本の工場で作られ、怪獣ソフビに強いアリゾナのオブジェモチャ屋Lulubell Toy BodegaのオーナーでもあるLuke Rook(ルーク・ロック)が彩色した。
で、マイクの言葉を借りれば、長らく葬儀場で遺体整復師として働いてきた経験を活かし、アクリル絵の具、ワニス、木、釘をはじめ、悪魔と聖者の死についての教えを駆使して絵を描くのだとか。
ジョン・カーペンターの1978年の映画『ハロウィン』やジョージ・A・ロメロの1985年の映画『死霊のえじき』 (Day of the Dead) といったホラー映画や、教会、ドイツ表現主義、葬儀場で過ごした時間などに強く影響を受けたとも語っている。
発売は11月ごろ。
a0077842_22255026.jpg
The reason I decided to get this is because of its coolly simple design and the incredible but true (?) background of the artisit, Mike Egan. 8 inches tall sofubi figure Bones of the probably one time cast. After being made in a factory in Japan, Luke Rook -the owner of Lulubell Toy Bodega in Arizona that handles a lot of Kaiju-sofubi- hand painted it.
And Mike says as follows. "I am a Pittsburgh based artist who has spent time working as an embalmer in funeral homes. My paintings are made using acrylic paint, shellac, wood and nails and tell stories about death, devils and saints. I'm greatly influenced by The Day of the Dead, Halloween, horror films, churches, The German Expressionists and my time in funeral homes".
The release will be around November.
by tomenosuke_2006 | 2012-09-18 22:26 | イマモチャ
<< SF怪獣大図鑑的ポスター近日入荷 ANDROID Series ... >>