Gemini Company作品の輸入の道筋をつけるべく
暗幕の隙間から漏れたひと筋の光が、薄暗い部屋にホコリの舞うさまを浮かび上がらせる。木造校舎一階の、廊下の突き当たりにあった理科室奥の資料部屋。薬品の異臭漂う入室禁止の暗がりに、人体模型やガイコツやホルマリン標本が押し込められていた。そこは小学生の私には世界でもっとも怖い場所、けれど中を探検してみたい衝動にかられることしきりだった。

この夏、アート系のニュースサイトでGemini Company(ジェミニ・カンパニー)の作品を見て、忘れかけていた昔日のころを懐古した。
で、居ても立ってもいられず、さっそくコンタクトをとると、創業者でクリエイターのJohn Weisgerber(ジョン・ウェズガバー)からレスがあり、留之助が彼らの作品を日本で取り扱うことについては了解を得たものの、国際輸送に関していくつかの解決しなければならない問題が残った。
店主の希望する作品はいずれも大きくデリケートで、中にはガラス・ケースに収められたものもあり、梱包代や輸送費があまりにも高くついてしまうのだ。
そこでNYCC 2012にブースを出すというジョンと直に会い、じっくり作品も鑑賞し、結論を出すことにしたのだった。
a0077842_2051436.jpg
遠い昔の理科室で密かに保管されていたような、人目もはばかる異形の生物の標本群。
双頭の幼児の骨格や、遠い南の島で発見された人魚のミイラの、あまりのリアリティに息を飲む。
すべてはCMやエンターテイメント業界のためにSFXパペットなども創っているジェミニ・カンパニーの、ブルックリンにある工房でハンドメードされたものばかりである。
さいわい当店契約のオレゴンの倉庫を経由させヤマトの国際宅急便を使うことで、輸送費の問題は難なく解消した。
あとは彼らの創り出す奇怪を受け入れてくれる物好きさんがどれくらいいるか、まずはNYからオレゴン経由で送り出したFiji Mermaid(フィージー・マーメイド)を3点売り出し、市場調査してみようと思う。

およそ半世紀前、友だちを誘って理科室奥の資料部屋に忍び込んだ私は、何かのはずみでホルマリン標本の瓶を倒してしまい、挙げ句の果てに先生に見つかり、こっぴどく説教されたものだった。むしろその先生の方が恐かったことを思す。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/i0/
a0077842_226883.jpg
Established in 1996 by John Weisgerber, Gemini Company is a visual arts studio that produces and distributes its own unique merchandise and collector’s items.High quality collectibles, dark novelties, fashionable curiosities, sideshow replicas, plastic skulls and skeletons, fake candy corn jewelry, brain candles, soap and more. All items are made in Brooklyn, NY by The Gemini Company.



a0077842_2221916.jpg
a0077842_22211890.jpg

by tomenosuke_2006 | 2012-10-31 22:22 | モチャ行脚
<< Kozik師匠のメカ・ダニー、... エイリアンのPierre Ro... >>