悲しみの森から来たアーティスト、J*RYU
Designer Toy Awards 2012のBest Customizerの栄誉に輝いた東海岸ベースのデザイナーで彫刻家のJ*RYU(ジェイ*リュー)。
去年NYCCで挨拶を交わし、Forest of Sorrows series(悲しみの森シリ-ズ)と名付けられたレジン彫刻の、えも言われぬ寂しさをたたえた表現に、すっかり釘付けになってしまった。
幸運にもNYCC 2012で再会でき、彼の新作Sapling(サプリング)も入手できて、こっそり日本デビューを企てていたのだけれど、まるで精も根も尽き果てて悲しみの淵に取り残されたようなキャラクター、サプリングがあまりにもいとおし過ぎて、その生い立ちについてもっと知りたくなり、販売を見合わせることにした。
というのも、ジェイ*リューがDCon 2012に参加すると知り、んじゃ、じっくりサプリングの誕生秘話でも聞かせてもらおうと思ったからだった。
a0077842_21441423.jpg
J*RYU is a designer and sculptor based on the East Coast who was honored with the Best Customizer Award in the Designer Toy Awards 2012.
I exchanged greetings with him at NYCC last year. I was completely transfixed by his resin sculptures, which uniquely express such loneliness. Luckily I met him again at NYCC 2012, and I was able to purchase his new work "Sorrows." I had planned to release it at my store, but I wanted to know more about "Sorrows," so I put off selling it for a while. I heard he was participating in DCon 2012, so I thought I would get him to explain in detail then.

J*RYUは、かく語りき。
この世界における真実のひとつは、誰もが自分自身で選択できる人生を持っているということです。決断や出来事それぞれが、私たちがどのような人生を歩むかを決定します。そして最後に、私たちは死に、受け継いだものを残し、それぞれの人柄や行動が人々の記憶に残るのです。


残念ながら、安らぎを得られない人もいます。彼らの魂は彼らが永遠に安らかに眠ることを許さず、それゆえに彼らはなんとかして安らぎを探し当てるために、地表を永遠にさまよい歩きます。
そんな魂は悲しみの森に行き着きます。そこは彼らが贖われる機会を得ることができる場所であり、そこで勇気を得て、新しい人生を歩みはじめることができるのです。


これらの魂はこの森に導かれ、「サプリング=苗木」と呼ばれる木の魂を与えられます。サプリングの唯一の目的は魂の守護者となることです。魂は悲しみの森に到着するとすぐにサプリングによって捕らえられ、成長できるように苗木の先端に植え付けられます。
サプリングは気性の荒い小さな生物で、魂をあらゆる危害から保護しま す。その後、その魂の花が咲きはじめると、新しい人生に踏み出すことができるように、その魂は秘密の場所に植えられます。


私たちすべては、再び人生を送る機会を受けるに値します。私たちは生まれます。私たちは成長します。私たちは養われます。私たちは生き残ります。人生は貴重であり、恐れるべきではなく、自分自身に誇りを持つべきです。これが悲しみの森の物語です。
a0077842_21445787.jpg
古木の芯が朽ちて穴が開いたように、サプリングの頭の内側はゴッソリえぐれている。
そこに小さな草花の苗を植えることもできそうだ。
NYCC 2012から6つ持ち帰った。
J*RYUの好意で、それぞれのサプリングにはベイビー・サプリングのオマケが付く。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/19191211/



a0077842_2291177.jpg
a0077842_22125473.jpg
J*RYU said "Here is the story behind my "Sapling" characters".
The one truth in the world is that everyone has a life that they can make their own. The decisions we make and the events that occur will determine what type of life we lead. And then, when all is done, we die and leave our legacy, so that we can be remembered for our character, and our actions.
Unfortunately, some people pass on to the next life with unanswered questions and can never rest. Their souls will not allow them to sleep peacefully for eternity and thus, they are wandering spirits who walk the earth forever, hoping that somehow, they will find peace.
When this happens, their souls go to the Forest of Sorrows, a place where they have the chance to redeem themselves, and to possibly start a new life where they can find the courage to live the life they always wanted.
These souls are taken to this forest and given to a race of tree spirits called "Saplings", whose only purpose is to be their new guardian. Upon arriving, the souls are caught by the Saplings and planted into their heads so that they can grow. The Saplings are fierce little creatures who will protect them from any harm. And then, when the soul starts to bloom, they find a secret place to plant them, so that their new life can begin again.
We all deserve second chances. We are born. We grow. We sustain. We survive. Life is precious and we should have no fear and be proud of who we are. This is the story of The Forest of Sorrows.
by tomenosuke_2006 | 2012-11-10 22:16 | モチャ行脚
<< T+CPの専用サイトがダウンし... T+CPの新SOFUBI、明・... >>