万能アーティストJESTERのレジン・クリーチャー
ロケットつながりの話題をまくらに。
今年3月にLAのToy Art Galleryで開催されたNathan Hamill(ネイザン・ハミル)のベリコーズ・バニーのカスタム・ショー"BELLICOSITY"で、ひときわ目を引いたのはTim Jester(ティム・ジェスター)、通称JESTERの作品だった。
ロケットに馬乗りになったウサギのフィギュア、ベリコーズ・バニーのそのロケットを、3倍以上の長さに伸張させて独特のテール・フィンをつけ、バニーもろとも金属風に仕上げ、さらにウェザリングを施した大作。
a0077842_1547542.jpg
気になってJESTERの素性を調べてみたら、多才で多彩、各方面で創作活動を展開し、その旺盛な仕事ぶりは3つの専門サイトで確認できた。
オブジェモチャ関連のJ6Global
ロゴやコーポレート・デザインを生業とするJ6Studios
上記のどのカテゴリにも属さないコンセプト・アート、フォトグラフィ、キャラクター・デザイン、コスチューム、プロップ専門のJ6x2
そんなJESTERがデザインし、彫刻し、モールドまで自作してレジンで抜いた手作り一貫のフィギュアGibbyGop(ギビゴップ)のカスタム版が、DCon 2012で展示即売されると聞いて楽しみにしていたのだった。
TOYSREVILでTop Ten Art Toy Wants @ NYCC 2011に選ばれたり、ことあるごとにSpanky StokesがJESTER reportしているから、目にした人も少なくないだろう。
背中だけ見るとゴジラにも似ていなくもない、おどけた大きな丸い目と3本のキバが特徴のレジン・クリーチャーのギビゴップ。
ていねいなペイント仕上げでお茶目さもひとしお、ブルーとグリーンのたった2個ずつしか作られなかったDCon 2012版を留之助オンライン商店新着情報で売り出し開始だ。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/GibbyGop/
a0077842_17161843.jpg
まったくの余談だけれど、プロップ・メーカーでもあり、SFウェポンにも造詣の深いJESTERは留ブラの熱烈なファンで絶賛してくれたのだった。
a0077842_17175193.jpg
a0077842_16525957.jpg
JESTER is the great creator who garnered much attention because of Bellicose Bunny custom show "BELLICOSITY". At times an art toy creator, others a graphic designer, he designs and makes costume and prop by himself. Also a fan of Tomenosuke Blaster. I took home the handmade GibbyGop figure (looks like Godzilla viewing from the back only, in reality it is a resin creature with comically large round eyes and three teeth) from him.
by tomenosuke_2006 | 2012-11-22 17:02 | モチャ行脚
<< DCon恒例、Blamoの今年は バック・ロジャースの流線型ロケ... >>