Sergeyの大胆作が完成だ
Sergey Safonov(セルゲイ・サフォノフ)が創作した精霊や、あらゆる種類の神々が住む夢の国Gooma universe(ゴーマ・ユニバース)の、これは見た目も厳かな“終わりの女神”Govra(ゴヴラ)である。
身の丈もいままでのゴーマ・ファミリーの2倍強、存在感も圧倒的なら、見た目も神秘的で、ますます前衛だ。
セルゲイいわく、ゴヴラには、運がよければ何かが終わる場所で会うことができる。
道の終わり、その日の終わり、何かが死ぬ時。
ゴヴラには、彼女のために砂時計と腐った果実を供えた祭壇を作るカルトな信者が数多くいるのだ、と。
当店ではセルゲイにゴヴラ誕生を記念して、絶版になっているゴーマ・ユニバースのかわいい丸顔の住人たち(MORE PICS and INFOのリンクを参照)の製作も依頼したので、お楽しみに。
Gooma world is full of gods, spirits, ghosts and deities of all kinds. One of them is Govra, the deity of the End. If you’re lucky, you can find her where something ends – at end of the road, see her at the end of the day or you can meet her when something dies. Govra has the large number of cultist followers, who build altars and praise her sacrificig sandglasses and rotten fruits.



by tomenosuke_2006 | 2012-11-28 23:34 | イマモチャ
<< DARKSIDE KEIKOの... DConで異様といえば、Dou... >>