世界でいちばん馬鹿げたロウソク
留之助がお付き合いしている変なモノ作者の中でも、シリコンでかたどった本物そっくりの親指USBメモリーとかソーラー蓄電式巨大虫などを漠然と作っているStephen W. Bell(スティーブン・W・ベル)ほど馬鹿げたアーティストはいないと、ここにいたって確信したのだった。
リック・ベイカーのスペシャル・メーキャップで有名な1977年のチープSF映画『溶解人間』の原題タイトルロールThe Incredible Melting ManにCandle(ロウソク)を掛け合わせたThe Incredible Melting Mandle(インクレディブル・メルティング・マンドル)を自宅脇のガレージ兼仕事場で完成させたのだ。
材質はロウ、タコ糸の芯が頭のてっぺんから足の裏まで通っているれっきとしたロウソク、なので火をつければ溶け出して、文字通り溶解人間を実演してくれるのだ。
点灯持続時間約3時間、無香料、ヘッダーカード付きポリバッグ入りでまもなく入荷する。
a0077842_12513810.jpg



Sculpted by Stephen W. Bell, molded, hand-cast in unscented red candle wax and polychromed in acrylic paints. Simply light the wick atop his head and watch him decompose. Melting sequence will terminate in three hours. And you get a pool of gore to keep as a memento when it's all over.



a0077842_13163464.jpg
a0077842_13164646.jpg
a0077842_1316567.jpg
a0077842_1317688.jpg

by tomenosuke_2006 | 2013-01-29 15:15 | イマモチャ
<< Fools Paradise ... 留ブラPRO組立キット、レーザ... >>