留ブラPRO組立キット、パッケージ・グラフィック、ファイナル
箱の表面にかすかに見える水滴は、映画の舞台、2019年のLAに降り注ぐ雨をイメージしたという。
箱の折り返し(表からは見えない)の黒地のパターンは、ハリソン・フォードが劇中で着用したシャツからの引用だ。
オレゴンのアート・ディーラーHero Complex Galleryが主催した"Weapon of Choice"展の出品作品の中にデンマークのグラフィック・アーティストJakob Stærmose(ジェイコブ・シュテルモーセ)のポスター"LAPD 2019 Blaster"を発見し、一目惚れ。
即、留ブラPRO組立キットのパッケージをデザインしてくれないかと、連絡をとった。
その後、両者合わせて40通以上のメールを交換しただろうか、2月8日、ついに印刷用原稿が上がってきたのだった。
明日より飛騨高山の箱屋ヒダシキさんで本紙校正の準備がはじまる。
a0077842_1025145.jpg
a0077842_103227.jpg
The package design of the Tomenosuke Blaster Pro assembly kit has been completed. The artist Jakob Stærmose said that the water drops on the surface were put in an image of the rain showering down on Los Angeles in 2019 where the movie was set. The black pattern on the back of the lid, which is not visible with it closed, describes the shirt that Harrison Ford wore in the film.
I feel that I made a good and correct decision that I asked Jakob to design the packages.
by tomenosuke_2006 | 2013-02-11 14:59 | 留之助ブラスター
<< Glenn Barrを携帯する ティファニー・カラー完売御礼と... >>