ECCC 2013限定のLucky Beaver
マニア度全開のモチャ・ブログPidgenblogの管理人でありアニメーターのJeff Pidgeon(ジェフ・ピジョン)が、自費製作した高さ1.5インチ(4センチ)のミニ・フィギュアLucky Beaver(ラッキー・ビーバー)。
去年の夏ごろから次々と色を変えてリリースされ、けっこう面白いと思っていたのだけれど、いかんせん小さすぎて店主の物欲を駆り立てるまでには至らなかった。
が、3月1日〜3日までシアトルで開催されたECCC 2013(エメラルド・シティ・コミック・コンベンション)でイベント限定版ラッキー・ビーバーの、期待にたがわぬ5インチ(13センチ)版かつGIDのAfterglow Beaver(アフターグロウ=残光ビーバー)が登場したと知り、さっそく発注かけたのだ。
シッポの格子のモールドにも色が入り、レントゲンで透かして見えるふうの胃袋の絵がこれまた面白い。
このあとも同じサイズでKozikがスキン・デザインを受け持ったりと、プラットフォーム・フィギュアとして新たな展開が期待されるラッキー・ビーバーなのである。
a0077842_0374596.jpg
This beaver's had an awesome day already - but I know you can give it a happy ending!



a0077842_0314695.jpg
a0077842_0403786.jpg
The image above is Evil Beaver that Kozik designed. Lower image is the creator Jeff Pidgeon of Lucky Beaver.
a0077842_0475692.jpg

by tomenosuke_2006 | 2013-03-03 00:55 | イマモチャ
<< Fergの今度は、Young ... Goin's Bad ... >>