これを欲する人は手強いマニアだと思う
畏れ多くもかしこくも、ドラキュラ城より持ち帰りしハイバックチェアで寛ぐお髭の紳士は、かのForrest J. "Forry" Ackermanなるぞ。
実際はフォーレストと発音するらしいけれど、日本では昔っからフォレスト・J・アッカーマン、もしくはフォーリー・アッカーマンとして親しみ込めて呼ばれてきたSFホラー界の重鎮にして筋金入りのスーパー・オタク。
店主なんかは1958年創刊のアッカーマン編集長によるSFホラー映画雑誌Famous Monsters of Filmlandを1970年代半ばから愛読し、バックナンバーもけっこう集めたクチだし、1980年代にはSFホラー映画の資料がぎゅう詰めになった氏の邸宅アッカーマンションをしばしば訪ね、著書(SFX映画の世代フィルム・ファンタスティック)のために貴重な資料をお借りしたこともある。
そんな憧れのアッカーマン氏が他界したのは2008年12月4日、今年5周忌を迎えるのを記念して、なんと高さ33センチの堂々たるスタチューが10月リリース決定なのだ、看過するわけにはいかん。
モデルとなったのはまだまだ意気軒昂だった20世紀終わりごろの姿か、フェイマス・モンスターを手に何やら楽しい空想をしている少年ジィちゃん、手強いマニア向けの逸品なのである。

ご予約はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/20342009/
a0077842_0104436.jpg
Do you recognize this horror icon? Lifelike statue of Forrest J. "Forry" Ackerman. Commonly known to fans as "Forry," comes to life in this colorful and exceptionally lifelike 13-inch tall statue that includes a nameplate on the base.



a0077842_0111270.jpg

by tomenosuke_2006 | 2013-04-22 00:13 | 商店入荷新着情報
<< シリアル・キラー・シリ−ズ最新... トイ・ブレーク・ニュース、第257回 >>