みんなで育てるBrandt Petersのスケッチブックなのだ
去年の春、Monsters & Misfits II展のオープニングを無事済ませ、参加アーティストとともに東京へ移動した時のこと、新幹線の車中でBrandt Petersは持参のスケッチブックを広げ、ずっと絵を描いていた。
一心不乱の様子に、次ぎから次ぎにアイディアが湧き出してくる天才を見たような気がした。
はたしてその時のスケッチに再会できるだろうか。
クリエイティブなプロジェクトのためのクラウド・ファウンディング・サービスのKickstarterを使って、いま我らがブラント・ピータースは彼のソフトカバー作品集 MUSE 1(ミューズ:霊感を与える者)への投資家を募っている。
すでに当初の目標額には達した模様で、投資額の増加でモノクロ全140ページだった作品集にカラーページが追加されたようだ。
よかったらみなさんも一肌脱いでみてはいかが?
投資額によって様々な特典も用意されていて、これがまた楽しみなのだ。

詳しくはこちらのサイトをチェック→http://www.kickstarter.com/projects/1933555525/brandt-peters-sketchbook-muse-no-1
a0077842_194198.jpg
I remember the scene clearly Brandt Peters had been concentrating himself in drawing a picture on the sketchbook of his own in the Shinkansen when we were moving from Nagoya to Tokyo with the CP artists together after the successful opening ceremony of the exhibition Monsters & Misfits II last spring.
At that time, I was really impressed and felt as if I was seeing a genius whose creative ideas spring out one after another seeing his devotion giving himself to his work body and soul.
Is it possible to meet again the very sketch at that time as expected in the collections of his work, “Muse 1”.
Brandt launched a kickstarter campaign to help fund production of his sketchbook project – "Muse 1". The soft-cover sketchbook will feature at least 140 pages of black + white sketches, many of which served as the basis for toys and original art.



下の画像は特典の一部、詳細はこちらで。▼
a0077842_19155458.jpg
a0077842_1916395.jpg

by tomenosuke_2006 | 2013-06-06 19:16 | ロウブロウアート
<< トイ・ブレーク・ニュース、第263回 留ブラPRO組立キット、徳さん... >>