Monsters & Misfits III、Carisa Swensonのこと。
作品は提供してくれるけれど来日はしないゲスト・アーティストのひとり、人形作家のCarisa Swenson (カリーサ・スウェンソン) が凄い。
彼女が目指すのはCurious Creatures and Aberrant(好奇心をそそる生き物と常軌を逸した動物たち)である。
今回の出品作品のWIPをご覧いただきながら、簡単にプロフィールを紹介してみたい。
a0077842_20452236.jpg
アーティストについて
カリーサ・スウェンソンの奇妙な生き物を創造しようとする情熱は、多くのインスピレーションから生まれている。子供時代に聞いた神話、レイ・ハリーハウゼン映画への愛情、10代でのヘンソン・ワークショップの賛美、20代でのヤン・シュヴァンクマイエルとブラザーズ・クエイ(いずれもアニメーション作家で映画監督)による神秘的で素晴らしい映画との出会い。世界的に著名なドール・アーティスト、ウェンディ・フロウドに学んだ際に、決定的なさいが投げられたのだ。ウェンディの生き生きとポーズをとる人形は永遠に彼女の魂に宿り、毎晩彼女を悩ませた。そして縫って形を与えることによってのみ、夢を果たせられると知ったのだ。2006年より、カリーサの作品は『Spectrum 17』と『Spectrum 19』などいくつかの出版物で特集されている。また、全米はもとより国際的に、彼女の人形の展覧会が開かれている。

Monsters & Misfits III開催初日の9月13日午後6時から、会場の日下部民藝館でオープニング・レセプションを開催します。
お気軽にご参加ください。
a0077842_20583595.jpg
About the Artist
Carisa Swenson’s passion for creating curious creatures springs from many sources—a love of mythological tales and Ray Harryhausen’s creations when she was a child, an appreciative eye for Henson Workshop in her teens, to the weird and wonderful films of Jan Svankmajer and The Brothers Quay in her twenties. When Carisa studied with world-renowned doll artist Wendy Froud, the final die was cast: posable dolls would forever own her soul and trouble her nights, stirring her with a fervor that could only be quelled by stitching and sculpting her dreams into reality. Since 2006, Carisa’s work has been featured in several publications, including Spectrum 17 and 19, and exhibits her dolls throughout the United States as well as internationally.
a0077842_20592750.jpg
Monsters & Misfits III will be held at Kusakabe Folk Museum in Hida-Takayama from 13th September. There is an opening reception from 18:00 of 13th. We look forward to your attendance.
by tomenosuke_2006 | 2013-08-14 21:01 | 留之助イベント
<< Monsters & Misf... ブルーのMork、参上 >>