Monsters & Misfits III、ノリノリのAmanda Louise Spayed
去年の展覧会で真っ先にすべての出品作がSOLD OUTになったのはAmanda Louise Spayd(アマンダ・ルイーズ・スペード)で、次回のMonsters & Misfits IIIにはもっとたくさんの作品を用意してほしいと頼んでいたのだった。
その結果がおよそ10点にも及ぶ力作ばかりなのだ。
個人的には下の写真のPumpernickel(パンパーニコル=黒パン)と名付けられた異色のレジン作品が、たった1個だけなのか、それとも仕上げの異なる仲間が複数個作られたのか気になって仕方ない。

Monsters & Misfits III開催初日の9月13日午後6時から、会場の日下部民藝館でオープニング・レセプションを開催します。
お気軽にご参加ください。
a0077842_1521529.jpg
アーティストについて
アマンダ・ルイーズ・スペイドは高名なクリエイター。実績のあるアーティストで彫刻家、ミュージシャンでもあり石鹸メーカー、そして香水の研究者でもある。アマンダは森の中で長い時間を過ごす。そこで鳥を見て過ごし、羽、昆虫の死骸、骨、いろんな遺物を集める。また、インスピレーションを得るためにアンティーク・ショップを巡り、使い古された宝物を探すのだ。歴史的なファッションや装飾、上流社会の行き過ぎや滑稽さ、自然とその不可避な崩壊、動物の未開の本能的な行動、そしてヤン・シュヴァンクマイエルオッド・ネルドルムジョセフ・コーネルヒエロニムス・ボスなどのアーティストからも、彼女はインスピレーションを得ているのである。
a0077842_15223821.jpg
About the Artist
Amanda Louise Spayed is a maker of the highest order. An accomplished artist, sculptor, musician, soap maker, and student of perfumery, Amanda spends a lot of time in the woods, watching birds, collecting feathers, dead insects, bones, and other artifacts. She can often be found poking through antique stores looking for beat-up treasures for inspiration, which she finds in historical fashion and textiles, the excess and ridiculousness of high-societies past, natural materials and their inevitable decay, the raw and instinctual behaviors of animals, and in artists such as Jan Svankmajer, Odd Nerdrum, Joseph Cornell, and Hieronymous Bosch, among others.

Monsters & Misfits III will be held at Kusakabe Folk Museum in Hida-Takayama from 13th September. There is an opening reception from 18:00 of 13th. We look forward to your attendance.
by tomenosuke_2006 | 2013-08-18 15:46 | 留之助イベント
<< BanksyフィギュアのDIY... Monsters & Misf... >>