DCon 2013 / Jeremiah Ketnerのカスタム・アンドロイド
どことなく物悲しい女の子を極彩色と気まぐれな模様で描くポップ・シュールレアリズムの画家 Jeremiah Ketner(エレミア・ケナー)とは、毎年NYCCやCDConで顔を合わせ、ていねいに筆が入れられたワンオフのカスタム作品を間近に見ては、ほとほと感心させられて、いつか日本のコレクターにも本物を紹介したいと思ってきた。
a0077842_209646.jpg
で、遅くなってしまったけれど、アンドロイド-4も出たことだし、11月のDCon 2013でエレミアから留之助ユーザーのために譲り受けたカスタム・アンドロイドの最新2作をそろそろ売り出したいと思う。
日本の伝統工芸をモダンに解釈したような不思議な親近感を覚えるのは、日本をこよなく愛し、毎年のように日本を旅するエレミアゆえの表現だからなのだった。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/i0/
a0077842_20112876.jpg
a0077842_20114036.jpg
Jeremiah Ketner's paintings are instantly recognizable amongst his contemporaries in the pop surrealism movement. His early work, characterized by mischievous sprites and whimsical patterns, has evolved into lush, richly colored environments inhabited by a cast of pensive, dreamy young women. Each character presents a unique brand of beauty, created entirely within Jeremiah's imagination and painted completely from memory. - Source from Jeremiah Ketner's site.
We are proud to release his beautiful custom Android.
by tomenosuke_2006 | 2013-12-22 20:29 | モチャ行脚
<< スティンジー・ジャックの新色は... 本当にお待たせしました、AND... >>