Otto Björnikの芸術
2014-03-13のポストでお約束したとおり、3月28日午前11時発売のMayari Black 3-inch Dunny(マヤリ・ブラック・3インチ・ダニー)の作者Otto Bjornik(オットー・ビョーニク)について、kidrobt blogのネタを引用しながら紹介させていただく。

a source from Kidrobt blog
a0077842_18275512.jpg
イラストレーターやカスタマイザーである以上に、オットー・ビョーニクは物語を創り出すマジシャンです。
遠い昔に忘れていた子どものころの思い出やおとぎ話を、手の込んだ情景に創り上げていきます。
テーマの繊細さを巧妙にたもつ一方で、優美さ、美しさ、品格をインクの一滴一滴で的確に捉える巧みさがあります。
その作品は美しく、複雑で、どこまでも魅力的です。
a0077842_18302996.jpg
鍛錬を積んだ創造者のオットーは、ペンとインクで入り組みディテールに満ちた厳密な作品を創り上げます。
彼の選ぶ要素には、しばしば象徴的な意味があり、それを集めることでジグソーパズルのように全体のストーリーを描き出すよう意図されています。
非常に細かいペンとインクの作業のため手根管症候群を患ったあと、オットーはオモチャのカスタマイズに転身しました。
これは手首を酷使をすることなくアートを続けるための手段でした。

お気に入りの楽しいカスタムモチャの世界。
オットーの作品は評判が高く、とくにKidrobotのキャラクターを採用したものを中心に、世界中で見られるようになりました。
「キッドロボットモチャは私がかつてイラストに描いた小さなキャラクターともっとも近かったので選びました。MunnyとDunnyのプラットフォームにも一目惚れしてしまいました」と、彼は語っています。

マヤリ・ブラック・ダニーのご注文は→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Otto%20Bjornik/

下はオットー作のカスタム作品です。
a0077842_1845867.jpg
a0077842_1845272.jpg
オットーの素晴らしいアートワークは下記のサイトでもご覧いただけます。

www.bjornik.com
www.facebook.com/ottobjornik
www.instagram.com/bjornik
a0077842_18552670.jpg

by tomenosuke_2006 | 2014-03-18 20:41 | ロウブロウアート
<< 3月21日(金)午前11時発売開始 2014年ジャイアントサイズ・... >>