留ブラPRO完成モデルの仕上げについて
About finishing up the Tomenosuke Blaster PRO assembled model

弄れば弄るほどに味が出ると評判のよかった留ブラPRO・ポリス・モデルの黒染めを基本に、各パーツは次のように仕上げられる。

レシーバー及びボルトハンドル:黒染めののちマットブラック焼付け塗装。
ボルト(エジェクションポートから覗く部分):サテンシルバー焼付け塗装。
ブラスター・グリップ・フレーム、シリンダー左右のカバー、レーザーサイト:グロスブラック焼付け塗装。
グリップエンド底面:マットブラック焼付け塗装。
トリガーガード:黒染めののちマットブラック焼付け塗装。
トリガー、バインディングポスト、ウェバーノブ、マイナス・スクリュー等のダイカスト小パーツ:ブラストブラック。
ブラストブラックとはブラスト研磨処理後に黒染めしたもので、以前よりマットで落ち着いた仕上がりが特徴である。
チャーターアームズ本体及びバレル:ブラックHWの素材色
ステアーマガジン及びハウジング:ブラックABSの素材色
a0077842_100797.jpg
Based on the black-finished version of the Tomenosuke Blaster PRO Police Model famous for improving with every touch, the parts can be finished in the following way.

Steyr reciever & bolt hundle: black oxide finish then mat black baking paint finish.
Bolt (which can peep out from ejection port of reciever) : satin silver baking paint finish.
Blaster grip flame & LR cylinder cover & laser sight: gloss black baking paint finish.
The bottom face of grip end: mat black baking paint finish.
Trigger guard: black oxide finish then mat black baking paint finish.
Die cast parts (trigger, biding post, Steyr safety, cylinder latch & etc.): blast black finish (=blast polish processing then black oxide finish).
Charter Arms frame & barrel: skin color of black heavy weight plastic.
Steyr magazine housing & magazine: skin color of black ABS plastic.



a0077842_10393813.jpg

by tomenosuke_2006 | 2014-06-28 10:39 | 留之助ブラスター
<< 留ブラPRO新モデルのグリップ... 急告・エリック・ソーのマーヴ・... >>