ハミ出し君&重複君セール、好評開催中
An inventory sale of Nutter by Kronk

たとえば2009年11月にkidrobotから発売された南アフリカのアーティストクロンクのナッター(下の画像)500個限定のうち、留之助に入荷したのはたったの6個で、にもかかわらず店主がこっそり家に持ち帰っていた1個を、こうして売り出したりするのも「ハミ出し君&重複君セール」の一環なんである。
アーティストやメーカーと交渉したり、お目当てのモチャを発注したり商品開発したり、ブログやオンラインショップを管理するのが店主の役目と思っていたけれど、心境の変化というか、最近とくにアキンド魂に目覚めたようで、売るのが楽しくってしょうがない。
8月25日以来、休まず留之助オンライン入荷新着情報に新旧取り混ぜモチャを投入しているけれど、果たしてどこまで続くやら。
a0077842_23134171.jpg
I believed that my role was to negotiate with artists and manufacturers, order favorite toys, develop products, and manage blogs and online shops. However, I guess it might be a change in heart and recently it seems my eyes have been opened up the spirit of the salesman, as I have found selling to be so much fun.
Since August 25th, I have been posting a combination of new and old toys on the online shop without any rest, but I will have to see how long this will continue.
by tomenosuke_2006 | 2014-09-21 01:43 | 留之助商店計画
<< 大量の荷物に占領されて、開店休業中 GOINのステンシル、残りの1... >>