暗黒の彫刻家、マイケル・ロカシオ作品襲来
Michael Locascio and his cursed statues

ニューヨーク大聖堂ニューイントン・クロプシー財団で古典彫刻を、ニューヨーク大学では解剖学とブロンズ制作を学んだというマイケル・ロカシオの作品には、神話やオカルトの不気味が漂う。
さらに魔術、墓石、骨壺、ディア·デ·ロス·ムエルトス(死者の日)、ブードゥー教、ラヴクラフトなどの暗黒趣味が加わり、スチームパンクの味付けがなされたものもある。
まさしくニューヨーク大聖堂の地下深く、誰も近づこうとしなかった廃物置き場の重いドアの向こうに、長いあいだ打ち捨てられていた彫像のよう、その忌々しい作風は留之助歴代1位の不吉さなのである。
大都市を襲うエボラ騒動を予言したかのような疫病医(プレイグ・ドクター)をはじめ、マイケル・ロカシオの代表作が近日到着の予定。
その時、じっくり他の作品もご覧いただこうと思っている。
a0077842_0181582.jpg
Michael Locascio studied classical sculpture at the Cathedral of St. John the Divine and the Newington Cropsey Foundation. Working with live models, skeletons, and annual cadaver dissections, he trained in anatomy and the bronze monument process there while studying at New York University. Since then he has worked as a fine artist in addition to building a prolific career sculpting action figures, toys, and collectible statues.
The upper image is Michael Locascio's most important work "Plague Doctor Statue". Made with resin, 9" tall and hand painted. We will receive it and more his cursed statues soon.
by tomenosuke_2006 | 2014-10-26 00:17 | イマモチャ
<< すぐ飾れる額装済みポスター特価... 名作入荷、鋭意発売中 >>