ひと味ちがう不機嫌ルーニー・テューンズ・ミニフィギュア
Looney Tunes 3" Mini Series

なるほど、Kozikさんがクリエイティブ・ディレクターだけあって、Kidrobotのルーニー・テューンズ・フィギュアはただならぬ仕上がりである。
高さ3インチ(8センチ弱)のミニフィギュアは言うに及ばず、1.5インチ(4センチ弱)のキーチェーンでさえ、しっかりとキャラクターの特徴を捉えながらも、いままで見たこともない表情とポーズで圧倒する。
タバコをくわえたスモーキンラビットの不機嫌さ、ふてぶてしさに通じるものがある。
あのトゥイーティーですら、目を吊り上げて、ブチギレ寸前の感じなのだ。
個人的には歯の矯正ブリッヂをつけた3インチのタスマニアンデビルが気に入った。
ミニフィギュアは20個入り、キーチェーンは24個入りで、それぞれケースを買えば全12種類のキャラクターが揃う仕組み。
その比率についてはリンク先を参照のこと。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/i0/
a0077842_22462268.jpg

▲ バッグス・バニー(Bugs Bunny) - 2/20

As one might expect from a company with the likes of Mr.Frank Kozik as its Creative Director, Kidrobot’s Looney Tunes are quite extraordinary. It goes without saying for the 3-inch mini-figures, but what is especially impressive is that even the 1.5 keychains manage to capture the characters' special features at the same time as incorporating never-before-seen facial expressions and poses. One of the figures portrays the sullenness and impudence of the Smorkin Labbit, depicted with a cigarette dangling from its mouth. Even Tweety Bird has an angry glare in its eyes and looks as if it's about to fly off the handle at any moment. But my personal favorite is the 3-inch Taz with braces on its teeth.



a0077842_22571866.jpg

▲ ダフィー・ダック(Daffy Duck) - 2/20

a0077842_2258304.jpg

▲ フォグホーン・レグホーン(Foghorn Leghorn) - 2/20

a0077842_23445429.gif

▲ マービン・ザ・マーシャン(Marvin the Martian) - 2/20

a0077842_2313718.jpg

▲ ペペ・ル・ピュー(Pepe Le Pew) - 1/20

a0077842_2323789.jpg

▲ ポーキー・ピッグ(Porky Pig) - 2/20

a0077842_234546.jpg

▲ ロード・ランナー(Roadrunner) - 1/20

a0077842_235317.jpg

▲ シルベスター(Sylvester) - 1/20

a0077842_2354719.jpg

▲ タズマニアン・デビル(Taz) - 2/20

a0077842_2365795.jpg

▲ トゥイーティー(Tweety Bird) - 2/20

a0077842_2374144.jpg

▲ ワイリー・コヨーテ(Wile E. Coyote) - 1/20

a0077842_2382745.jpg

▲ ヨセミテ・サム(Yosemite Sam) - 2/20


by tomenosuke_2006 | 2015-12-27 23:10 | kidrobot 新製品情報
<< こちら4センチ弱のルーニー・テ... 見ての通りのePである >>