予告・MMIV/カリ−サ・スウェンソン作品”スーターキン"
Sooterkin by Carisa Swenson for Monsters & Misfits IV

崩れた神秘、醜悪の骨頂、こういうのが人形作家カリーサ・スウェンソンの醍醐味なんである。
今回も来日はしないけれど、それはそれは念入りに手作りされた魔物な不適応者が2体、やって来る。
a0077842_23593726.jpg
アーディスト・バイオ
カリーサ・スウェンソンの好奇心溢れる作品作りへの情熱は、彼女が子どもの時に出会った神話やレイ・ハリーハウゼン作品への愛、ティーンのころのヘンソン・ワークショップへの感動、20代のころの巧妙新奇なヤン・シュヴァンクマイエルとブラザーズ・クエイの映画まで多くの源泉から湧き出しています。カリーサが世界的に著名な人形作家ウェンディ・フロウドに師事したとき、その最終的な型が形成されました。ポージングできる人形が彼女の永遠の魂となり、夜も眠れなくなるほどその情熱が彼女を突き動かし、それを鎮めるには唯一彼女の夢を縫い合わせ形にして現実化することだけでした。2006年から、カリーサの作品はSpectrum 17や19を含む数冊の本で特集され、アメリカはもちろん世界中で彼女の作品が展示されています。
a0077842_010879.jpg
Artist Bio
Carisa Swenson’s passion for creating curious creatures springs from many sources—a love of mythological tales and Ray Harryhausen’s creations when she was a child, an appreciative eye for Henson Workshop in her teens, to the weird and wonderful films of Jan Svankmajer and The Brothers Quay in her twenties. When Carisa studied with world-renowned doll artist Wendy Froud, the final die was cast: posable dolls would forever own her soul and trouble her nights, stirring her with a fervor that could only be quelled by stitching and sculpting her dreams into reality. Since 2006, Carisa’s work has been featured in several publications, including Spectrum 17 and 19, and exhibits her dolls throughout the United States as well as internationally.
by tomenosuke_2006 | 2016-03-14 00:18 | 留之助イベント
<< MMIVの展覧会図録、入稿終了 MMIVのオンライン・プレビュ... >>