4年ぶりのタバコをくわえた10インチ・スモーキンラビット
10" Hooverville Lucky Labbit by Frank Kozik

コジック・ラビットは、やっぱ、タバコをくわえてなきゃ。
これは2012年5月に発売されたクリア・ピンククリア・ブルーの10インチ・ラビット以来、4年ぶりとなるスモーキン版であり、大恐慌時代の放浪者がモチーフとなるモノクロ仕様。
当時のホームレスの人々がおっ建てたあばら屋が立ち並ぶ街、俗称フーバービルをネーミングに使い、まさにあのころの漫画映画を彷彿とさせるパッケージにおさまる。
とりあえず、そんな粋なパッケージ・デザインをご覧あれ。
a0077842_11421579.jpg
From the creative mind of Frank Kozik comes a new twist on the classic Smorkin' Labbit. This 10" Hooverville Labbit throws back to the depression era with a lovable hobo complete with his frayed overalls, stubble and of course signature cigarette. Coming in a vintage black, grey and white colorway as a reminder of the days of yore, this piece is the perfect compliment to any collection!
by tomenosuke_2006 | 2016-05-04 11:50 | kidrobot 新製品情報
<< アレックス・パーディの問題作、... B・ピータース初の8インチ・ダ... >>