あれから1年、タラ・マクファーソン・ソフビの原型が完成
The prototype of Tara Mcpherson' sofubi has been completed

「2年越しのタラ・マクファーソン・ソフビについて」と題し、それまでの経緯をご紹介したのが、奇しくもちょうど1年前の今日のブログでした。
その後もT+CP ソフビのクリエイティブ・ディレクター ブラント・ピータースを介し、タラの意見に耳を傾けつつ、さらに1年が経過して、ついに原型が完成しました。
彫刻担当の金子洋平君、お疲れさまでした。
ここまで来たら、あとは流れ作業でしょう。
a0077842_11545889.jpg
Last year on this exact date, I wrote a blog entry titled "About Tara Mcpherson's sofubi which has taken 2 years", in which I described our process up until then. Since then, a year has gone by, during which I received Tara's requests through Brandt Peters, the creative director of T+CP sofubi, and finally completed the prototype. A big thanks to Yohei, who was in charge of sculpting. Now that we've gotten this far, the rest of the manufacturing process should go smoothly.



ご存知ない方のために、タラ・マクファーソンのプロフィールをご紹介させていただきますね。
タラは、1976年サンフランシスコ生まれのロサンゼルス育ち。パサデナの「アート・センター・カレッジ・オヴ・デザイン」でイラスト学を専攻し、2001年に卒業。卒業後は、ロサンゼルスでハリウッドスターたちが利用するフォトスタジオで、写真の編集作業の仕事をしていました。そして、週末の空いた時間を利用して、自身のロックバンドの練習をしたり、ライブ活動を行なっていました。また、バンドのPRのために、ロックポスターアートを作ったりもしていました。その後、イラストのキャリアアップを目指すために、フルタイムでポスターアートのイラストレーターとして働き始めたのです。
Strokesや、Interpol、Duran Duranなどのロックバンドのために、ライブのPRポスターをデザインしました。ほかにも、ポスターだけではなく、コミックやTシャツのデザインもしています。
タラのイラストレイターとしてのブレイクは、アカデミー脚本賞を受賞した2007年の映画『JUNO/ジュノ』で、彼女のイラストが劇中で使われたことでしょう。多くの人が彼女の特徴的な絵に魅了され、瞬く間に人気者になったのです。
現在、タラは、ブルックリンに自身のギャラリーショップCotton Candy Machineを経営しながら、アーティストとして活躍しています。
by tomenosuke_2006 | 2017-07-16 21:40 | T+CPモチャ
<< タラ・マクファーソンのワンダー... コジックさんの新作フリー・ハグ... >>