内職さん、がんばる、店主も、ちょっとがんばる
Manual piecework of switch cover

中国の工場にLEDユニットの製造を丸投げしていた頃は、こんな苦労もしなくてよかったのですが。
金属プレス加工だったLEDユニットのスイッチカバーのエッジが鋭く直角でないことが気になり、2014年9月に発売したリテイラー・エディションから精度を求めて国内生産に切り替えることに。
徳さんがON/OFFの書体をさらにブラッシュアップして原型を作り、それを元にレジンキャストでカバーを抜くと、地元の内職さんにバリ取りと、ON/OFFの白文字染めをお願いするようになったのです。
ま、そこまでならいいのですが、その最終チェックがいつの間にか店主の担当となり、今宵も石坂浩二出演のTV-CMにノセられて買った、老眼鏡の上からかけられる拡大鏡のハズキルーペ着用で奮闘しているのでした。
ちなみにこのCM、バカバカしくって面白いです。
a0077842_22242620.jpg

by tomenosuke_2006 | 2017-09-03 23:22 | 留之助ブラスター
<< フレッシュ・ゴードン・ピストル... ブレードランナ−2049の中の留ブラ >>