『ブレードランナー2049』のプロップマスターに読んでほしい
We want a property master of "Blade Runner 2049" to read this post seriously

本国アメリカのオンラインマガジンWIREDに掲載された『ブレードランナ−2049』の特集に、デッカード・ブラスターを写真付きで紹介した個所があり、その説明を読んで大いに失望しました。
なぜなら、Harlocker(『ブレードランナー2049』のプロップマスター)と彼のチームが、オークションで本物のブラスターを落札した人物からそれを借り受け、細部まで撮影・測定し、正確なレプリカを作製したと書かれ、留之助ブラスターについては一切言及されていなかったからです。
しかしその記事で使われている画像(下)からして、明らかに留ブラなのです。
正確を期するなら、それは留ブラを原型に使ったレジン製のコピーです。
おそらくスタント・シーン用に作られたのでしょう。
a0077842_01564265.jpg
シュタイヤー・マンリッヒャー・ライフルのマガジン・ハウジングの先端に、3mm程度の横のライン(A)が見えますが、それは留ブラにも、実物のブラスターにさえない個所で、シリコン・モールドの湯口の跡のように思われます。
またこのハウジングは、留ブラの特徴を顕著に表しています。
例えば縦のパーティング・ライン(B)は、実物ではこれほどクッキリと判別できないのです。
チャーターアームズ・ブルドッグのトリガーガードの付け根(C)がシリンダー・クレーンの軸穴に向かって伸びていますが、実物のブラスターにはこの突起はありません。
これは小さなネジ1本で固定されている実物のトリガー・ガードの脆弱な構造を補うための、私たちの苦肉の策です。
フロント・トリガーの上の小さな丸印(D)は、チャーターアームズのフレームをHWで成形した際に出来る押し出しピンの跡で、実物にはありません。
リア・トリガーの上の貫通穴(E)が埋まっていますが、これこそレジン・キャストであることの証に他なりません。
決定的なのはグリップの下に透けて見えるマイナスネジ(F)です。
これもまた留ブラの特徴のひとつです。
私たちはHW製のチャーターアームズのフレームに、亜鉛ダイカスト製のチャーターアームズのグリップ・フレームをしっかりと固定するため、強度を考慮して両方向から2本のマイナスネジで締め付けました。
しかし実物は画像の反対側からネジ1本で固定されており、こちらの面にマイナスネジの頭が見えることは決してないのです。
留ブラの販売パートナーであるハリコレの胸組代表が仲介し、ハリウッドのプロップ・スタジオからの求めに応じて、その時あった留ブラの完成モデルのすべての在庫(6丁)やラバーガン、グリップなども数多く提供(販売)しました。
この画像のグリップはまごうかたなき、その時のものです。



VICEの動画 “Inside the Making of Blade Runner 2049”では、5分30秒あたりからブラスターを手にしたプロップマスターが、臆面もなく、本物を参考に自分が作ったと語っています。
しかし目を凝らせば分かるように、それは日本の法規に基づき、私たちがバレルとシリンダーにインサートを埋め込んだ留ブラ(下のキャプチャー画像)に他なりません。
私たちは、この歪められた情報に触れて、未だに心の整理がつかないでいます。
プロップマスターという物作りに携わるプロフェッショナルなら、私たちのブラスターにかけた拘りや情熱が分かろうものなのに、実際はそうではなかったようです。
ひたむきで優秀な原型師の徳信尊さんをはじめ、日本のモデルガン業界の錚々たる技術者から、下町のキャスト工場で仕事に勤しむ職人さんまで、一丸となって留ブラを作ってきました。
開発に着手してから10周年を迎える記念の年に、留ブラが『ブレードランナー2049』で採用されたと知り、留ブラ・チームの全員が報われた思いでいたのですが、きょう、突然、水を差された気持ちに陥ってしまいました。
映画のエンディング・クレジットのどこかに"Tomenosuke Blaster"の文字が出ることなど、儚い夢となってしまったようです。
けれど私たちは、これからも変わらず精緻を極めた物作りに精進します。
分かる人には分かってもらえるはずだと信じつつ。
a0077842_20491824.jpg




ENGLISH TRANSLATION

We cannot contain ourselves for despair after reading the article "Deckard's Blaster" published in WIRED. Because there is no mention whatsoever, of Tomenosuke Blaster being used in the movie, and it says that an exact replica was made from photographing / measuring all details of the actual Blaster borrowed from the person who won the bid at an auction. However, the picture (below) used in this article clearly shows the Tomenosuke Blaster. And to be accurate, it is the resin copy made using Tomenosuke Blaster as master form. Probably it was made for the stunt scene.
a0077842_01564265.jpg
Under the edge of the magazine housing of the Steyr Mannlicher Rifle, we can see a line on the side of about 3mm (A), which cannot be found neither on Tomenosuke Blaster, nor the actual Blaster, and is likely the mark of the gate of the Silicon mold.
Further, this magazine housing notably displays the characteristics of Tomenosuke Blaster. For example, the vertical parting line (B) cannot be identified that clear on the actual product.
The joint of the trigger guard (C) of the Charter Arms Bulldog, extends toward the axis hole of the cylinder crane, but this extension is not found on the actual Blaster. This is a measure of last resort we took to compensate the fragile structure of the trigger guard which on the real product, is fixed with only one small screw.
The small round mark (D) above the front trigger is what remains of the ejector pin that forms when molding the frame of the Charter Arms with heavy weight plastic, and is not found on the actual product.
The through hole (E) above the rear trigger is filled up, and this is likely another proof that it is a resin cast.
The determining element is the slotted screw (F) we can see under the grip. This is another characteristic of Tomenosuke Blaster. We took the strength into consideration to fix the zinc die-cast grip frame of the Charter Arms, to the heavy weight plastic frame of the Charter Arms, and tightened 2 slotted screws from both sides. However on the real product, it is impossible to see the slotted screw on the side shown on the image since only 1 screw is used on the opposite side.
Through our sales partner, Mitsuaki (Mune) Munegumi, representative of Hollywood Collectors Gallery, per the request from the property studio in Hollywood, we provided (sold) all pieces of Tomenosuke Blaster in stock (6 units), with several grips and Rubber Guns. The grip of this image is unmistakably the grip of Tomenosuke Blaster.



In the video of VICE "Inside the Making of Blade Runner 2049", at around 05:30, the property master has the Blaster in his hand, proudly explaining that he made it himself based on the real one. But as it is clearly obvious when we fix our eyes on it, it is nothing but the Tomenosuke Blaster, for which we embedded inside screws in the barrel and the cylinder, in compliance with the Japanese regulation.
We have been profoundly disturbed knowing this distorted information, and still unable to get our mind straight. We thought that a professional involved in creation like a property master, would understand the high standards we set for the Blaster and the passion we devoted to it, but it apparently turned out to be untrue actually.
From the remarkably talented model maker, Nobutaka Toku, to prominent engineers in the Japanese industry of model guns (replica guns), as well as craftsmen assiduously working in resin cast factories in low-lying parts of the city, all joined forces together for the creation and production of Tomenosuke Blaster. The news of having been selected for "Blade Runner 2049" on the year of the 10th anniversary since the development started, came for all members of Tomenosuke Team, as a great reward, but today, we just felt that we have been cut short suddenly. It appears that seeing Tomenosuke Blaster mentioned somewhere in the closing credits of the movie, became just an empty dream.
But still, we, Tomenosuke team, will continue, now onward, to invariably devote ourselves to create products of exquisite details. With the strong belief that our work will be recognized by people who can appreciate it.
a0077842_20491824.jpg

by tomenosuke_2006 | 2017-09-23 12:21 | 留之助ブラスター
<< スティーブ・ジョンソンの『ラバ... TSUTAYA東京六本木店でブ... >>