8月末までのお店の様子です。
a0077842_0485.jpg8月28日。
店研創意からショーケース5本が届きました。
よく行くコーヒー屋さんCOFFEE SORAのマスターがくれたカタログから選んだシンプルな作りの棚です。
資金がたっぷりあれば中央工芸の友人でデザイナーの落合さんに、棚やら装飾やらまとめてお願いするところなんだけれど、そうもいかず。
そのプロの落合さんが、店研創意の商品は品質と値段でこれ以上のものはないと太鼓判を押すんだから、間違いないでしょう。
a0077842_044887.jpgショーケースの配置のしかたに店主流というのがありまして、壁際にベタに並べるのではなくて、L字型に置き、5本中2本の棚は前からも後ろからも見られるようにします。
オモチャに包囲されているようなゴチャゴチャな幸福感がきっと体験できるはず。
a0077842_015241.jpg8月30日。
左側の白いシャツの男性は店主の大事な助っ人、サン企画の平山さん。
店主が集めてきたビンテージネオンのメンテナンス係で、割れたネオン管修復のため名古屋から来てくれました。
a0077842_0262372.jpg右側でしゃがんでいるのは下呂市の共栄電気の二村さん、20年来の付き合いになります。
増築・改築・改造を繰り返してきた店主経営のお弁当屋の複雑な配線図は、すべて頭の中にしまっているという職人さんで、店主のどんな注文もきいてくれる頼もしい人。
オモチャ屋やるなら、電気は二村さんとまえから決めてました。




a0077842_1101130.jpg8月30日、夕方。
エイリアンマニアの店長君が待ちわびていたウォーリア・レリーフ飾り付けの時間がやってまいりました。
お店中央の吹き抜けを利用します。
高山市の桑山広告社の谷口さんに装飾の面倒なところすべてお願いしてまして、ウォーリア・レリーフの取り付けもそのひとつ。
吹き抜けの下にビデ足場を組んで、がんばっていただきました。
a0077842_1154745.jpg足場の位置を変えているとき、店主、このまえ潰した左足の親指を、谷口さんの助手にしこたま踏まれました。
何事もなかったような涼しい顔をしてましたが、翌日の夕方までズキズキ病んで、本当はずっと泣きそうでした。
とにかく、吹き抜けにピッタリおさまったウォーリア。
下から見上げると物凄い迫力で、店長君がいちばんうれしそうでした。
ちなみに、やっとズキズキがおさまった翌日の夕方、今度は店長君に踏まれました。

a0077842_129428.jpgちょっと気分転換にショーウィンドーをいじります。
後ろのネオンは、平山さんが直してくれたアメリカの電力会社の専属キャラ、レディキロワット君です。
かれこれ50歳になります。
by tomenosuke_2006 | 2006-09-09 01:12 | 留之助商店計画
<< 店の奥。 ホームページ、更新しました。 >>